2018年4月19日木曜日

明日から沖縄です〜


 日々、

 ブログに書きたいことはたくさんあるのです


 けれども、

 時がどんどん過ぎ行きます

 
 そんな感じで、ブログ更新がずいぶん久しぶりになってしまいました


 明日から沖縄です。

 前日に入って、ヒヤジョウと音合わせします♪


 前に久高島に遊びに行ったことはあるけれど、

 沖縄でのライブは初めて。

 うれしいな。


 20周年だからこそ、

 よし、

 となって、やっと、行けることになりました。


 (なにしろ普段がふにゃふにゃ過ぎるもので)


 ほかにも、続々とライブが決まっています〜

 どこかでお会いできるといいですね♪


4月21日(土)那覇 Cafe Cello
4月26日(木)吉祥寺 長男堂
5月4日(金・祝)西東京 平井園
5月12日(土) 調布 Campick Stand&Factory
5月17日(木) 神田 THE SHOJIMARU
5月25日(金)渋谷BYG
5月26日(土)入間 MUSIC CAFE SO-SO
6月1日(金)西荻窪Terra
6月3日(日)西荻窪かがやき亭
6月9日(土)福岡 cafe alikwa -カフェアリワ-
6月22日(金)京都 gorey cafe
6月23日(土)大阪 音凪 音食堂酒場
7月4日(水)札幌 レストラン のや
7月6日(金)帯広 HOTEL NUPKA -ホテル ヌプカ- 

 

2018年3月18日日曜日

lete→こぶたや


 午後は下北沢leteにて、ギター教室の発表会。

持ち寄りスタイル。


 みんなそれぞれの感じで、素敵にふくらんでる。


 そしてなんとサプライズで、わたくしの20周年のお祝いのお花と、

 特別に用意したという、デュオ演奏(わたしの曲のカバー)をプレゼントしてもらっちゃいました!

写真は生徒さんより。

 演奏もお花も感激。。

 どうもありがとうございました!

 ほんと、良い教室です。


 教室後、

 下北沢駅の新しい入り口に行ってみよう、

 と、いつもと違う道に入ったら、

 バンバンバザールライブの看板を発見。




 空飛ぶこぶたや。

 今日!?

 とおもって、
 
 お店への階段を降りてみると、

 ちょうど入り口でお店の様子を見ている若者。

 井の頭蓄音団のベースの大貫くんでした。

 (彼とはときどきこんなふうに偶然遭遇する)

 せっかくなので飲んで行こうよ、

 と、どんな感じのお店なのかただ覗いていただけの彼を誘って、

 一緒にバンバンのライブを観ることに。


 この夜もバンバンは、

 とてもご機嫌なライブでした〜!




 また例によって新曲「ストレンジャー」で、飛び入りコーラスさせてもらったりして。


 ほんとに偶然通りかかって、

 こんな流れは楽しくて素敵だ。


 結局そのまま打ち上げまでゆっくりいて、

 同じくゆっくり残っていた大貫くん(ヌッキー)とも、イノチク&イノトモでなにか一緒にやりましょう、

 という話になったりして、

 実り多い一日でした。 

  
 どうもありがとう!

 

2018年3月14日水曜日

高野寛さん+宮沢和史さん+おおはたくんのライブ@ビルボード東京


 高野寛さんと、宮沢和史さんと、おおはたくんのライブ@ビルボード東京に行かせてもらいました〜




 さいこう!

 かんげき。。

 
 楽屋に、お土産を渡すためにお邪魔させてもらったら、

 おおはたくんがどうぞどうぞと中まで入れてくれて、

 高野さんにはお久しぶりのご挨拶をさせてもらい、

 MIYAさんには、初めましてのご挨拶をさせてもらった。

 
 わたしが高校の頃熱烈に聴いていたTHE BOOMの、"MIYA"に直接会えるなんて。

 BOOMにあんなに恋いこがれていた高校生のわたしに言ってやりたい。

 将来、MIYA本人に会える日が来るよーっ

 と、肩をつかんで興奮気味に。


 本物のMIYAさんは、とても気さくであったかい方でした。

 おおはたくん、どうもありがとうです!


2018年3月12日月曜日

フクシマくん&フーミンライブ@長男堂


 フクシマくん&フーミンライブ@長男堂、

 ご近所のよしみで遊びにいって、

 またもや飛び入りで歌わせてもらいました〜

 バンバンの新作でコーラスさせてもらった名曲「ストレンジャー」を、いきなりぶっつけ本番で。笑


 いつも引っ張り出してくれてありがとう。


 この日一番驚いたのは、

 鍵盤のフーミンの娘さんが都立の高校に合格した、という話をしていて、

 なんとその高校が、

 うちの息子と同じだったのでした。

 フーミンと保護者会とかで会うかもしれない!
 
 という事実に、盛り上がる。

 そこで改めてフーミンの苗字を聞いたりして(今まで知らなかった!)。

 世の中、狭いです。笑

 
 家に戻ると、しばらくして、

 本夛マキちゃんが帰ってきて(よくうちに泊まる子だ^^)、

 なんだかお腹がすいたようなので、

 うちにあったアジア的インスタントラーメンを、

 セルフでつくってもらった(居酒屋ともちゃんはもう閉店)。

おそるおそる我が家のキッチンでラーメンをつくる本夛マキ。笑

 ほんと、うちの子のようだよ。笑

 

2018年3月9日金曜日

よわ


 曲をつくったり、

 20周年記念に出すつもりのコード本用にコラムを書いたり、

 確定申告をしたり、

 しています。


 確定申告の作業は嫌いじゃなくて、

 毎年夫のぶんまで二人分やっちゃうのだけれど、

 なにぶん、息をするのを忘れて長時間没頭していたりする(わたしのゲーマー的没頭気質)ので、
 
 気が付くと、

 ものすごく具合が悪くなっている。


 気付いたときには、

 もう遅い。

 とても具合が悪い。

 吐き気とともに、目を開けていられないくらいに、どよんとする。

 
 それを二日間くらい引きずる。笑


 よわ。


 そうなると目を使う作業はしばらく休むしかなく、


 そういうわけで、

 確定申告はまだ終わってなくて、 
 
 ほかのことを、のんびり進めてるとこ。

2018年3月6日火曜日

LINE@


 イノトモ公式LINE@、はじめました♪

 ライブのお知らせ等をお届けいたします。


 今夜は、

 トム・ウェイツの"I Hope That I Don't Fall In Love With You"を、

 日本語でカバーしてみました。


 急に、日本語をつけてみたくなってつくったボイスメモ。


 LINE@限定で配信します。


 よかったら、LINE@に登録して、聴いてみてくださいね♪

 https://line.me/R/ti/p/%40inv1038l


2018年2月20日火曜日

中清呑み


 夕方ふいに、

 さっちゃんから「中清で呑んでる」と連絡が来て、

 ふらふらと中清へ。

 督夫さんもいて、突然のそば屋飲み会。

中清のご主人が、馬刺を特別サービスで出してくれた〜

 督夫さんとは時々偶然に自転車ですれ違うのだけれど(笑)、

 ゆっくり一緒に飲むのはかなり久しぶりかも。

 相変わらずご機嫌だった〜




 楽しかたー


2018年2月17日土曜日

長男堂ライブ


 長男堂ライブ、どうもありがとうございました♪

 完全生音のライブは、

 やはりなにか特別な空気を共有できる気がします。


 トーベンさん、ネロくんとの絡みも楽しかった!





 終演後のひとときも、面白かった。


 トーベンさんが肉まんにソースを付ける、

 という話から、

 じゃあいろいろ試してみよう、

 ということになり、

 るみさんが隣りのセブンイレブンで肉まんを買ってきてくれて、

 みんなでいろいろ試す。


るみさんとトーベンさんがなぜかペアルック笑


 ソース、ケチャップ、マヨネーズ、最終的に、練乳まで。

 あれこれわあわあ感想を言い合いながら、

 結局はなにも付けないのが美味しいよね、

 という感想に行き着くという(笑)、

 でも、味わったことのない新しい味に、

 なんだか脳が活性化したような気がする、

 そんな、とても楽しいひとときでした。


 どうもありがとう!!

 

2018年2月14日水曜日

ハッピーバレンタイン


 息子のリクエストで、毎年チョコレートケーキをつくる。
 (バレンタインと、誕生日、クリスマスの年3回)

 今年は初めて好きな子からチョコをもらえたようなので、

 ママからのはもう卒業かな、と聞いてみると、

 ママのつくるチョコケーキはとても好きだからつくってほしい、と言われて、

 そう言われるとうれしいので、今年もせっせと作ったよ。 (昨晩、酒を飲みながら笑)




 わたしが子どもの頃、母がいつもつくってくれていた「悪魔のケーキ」という名のレシピ。(わたしも大好きだった)

 

2018年2月12日月曜日

自由に乾杯


 友人メグさんと、ランチ飲み。
 (前にも書いたけれど、メグさんの誘いはいつだって突然なのです)


 今日どうしてるー?

 と連絡がきて、

 自由だよー、

 と返すと、


 わたしたちの自由に乾杯しよう!

 と返信がきて、

 突然(1時間後)にランチ飲みが決まった。
 (ほんとに自由)


 わたしとランチの場所とかのやりとりをするかたわら、

 "イノトモ20周年"の絵を描いてくれたらしく、プレゼントしてくれた。





 こどものような奔放さだね。 

 ありがとう~

 
 三鷹のお店でお昼からワインで乾杯し、

 いっぱいしゃべって、

 さらに、お昼でも普通にやってる居酒屋に移動して飲み、

 心もお腹もいっぱいで夕方に帰宅。


 わたしたちはそこから、

 それぞれの家でこどもの夕飯をつくり、

 家庭も、ちゃんと営むのだ。


 うん。

 自由。
 

2018年2月11日日曜日

夕飯後のおしゃべり

 
 夕飯後、

 息子(中3)の、最近のことや友だちのことやらをのんびりといろいろ聞いたり、

 それについて一緒に話したりしていたら、

 息子がじんわりと、

 こんな感じ、いいなあ

 と言った。


 わたしのことを”おかあさん”と感じることがあまりないらしい。

 話しやすいスナックのママ的な感覚か?笑


 そういうふうにけっこうわたしになんでも話してくるのは、

 夕飯時には大抵わたしがお酒を飲んでいて、

 適度にざっくばらんでおもろい、というゆるさによるところが大きいのだろう笑。


 そして、そんな話の中で、このうちに生まれてよかった、彼はという。
 (そんなこと言う中3男子。)

 よその家って、どんななんだろう、と。


 うちは両親ともがけっこう好き勝手に暮らしていて、

 どうみたって”普通の家庭”ではないけれども、

 そしてこども的には、

 "普通じゃない"のは少し恥ずかしかったりするのだろうけれども、


 息子がいうには、

 うちはそれぞれが自立していて、

 その自由さがありつつも、

 根底には愛とやさしさがちゃんとあって、

 そしてなにかが足りなくて困ることもなく、

 なにかの基準を押し付けられることもなく、

 居心地がいいらしい。

 日々に余計なストレスがない、とのこと。



 わたしたち夫婦は日々好きなことをして、

 自由奔放に暮らしているだけだれども(笑)、

 息子の居心地が良いなら、今のところは、オーケーということで。笑


 お互いの自由を尊重しつつ、
 
 仲良く楽しく暮らすのが、いちばんですね。




20周年特設サイト




 今年、おかげさまでデビュー20周年です。

 ほんとにどうもありがとうございます。

 あたたかく見守ってくださるみなさまのおかげです。

 特設サイト、できました。

 http://inotomo.net/20th/

 弾き語りベスト盤のリクエストコーナーもあります。

 ぜひぜひコメントお願いしますね。

 ほかにも20周年企画は進行ちゅう。

 お楽しみにです〜!
 

2018年2月8日木曜日

ベビーシッター


 超かっこいいおんな3人ソウルバンド「ズクナシ」衣美ちゃんの子カズキチが、

 かわいいさかり。

 
 ときどき会うたびに、

 わたしの息子の小さな頃を思い出し、きゅうん、としていて、

 機会があればカズキチの面倒をみさせてね、

 と、お願いしていた。


 ありがたいですけど、イノトモさんにお願いするなんてー、

 と、衣美ちゃんはいつも遠慮がちなので、

 たまたまこの間の新年会のときにライブの話を聞いて、

 子守役を申し出た。


 そしての、"石ちゃんまいうーロックフェス"の裏で、ベビーシッター。

 
 1才半のかわいいさかりと、がっつり何時間も過ごせた。




 あそんで、おむつを替えて、最終的にはわたしの胸で眠り。

 まさに至福。

 
 その笑顔と体温と、こどもの匂いに、母性本能が、

 わきたつ感覚。


 衣美ちゃんはわたしの子守りにずいぶんとありがたがってくれたけれども、

 逆にありがとうだ。



 そして振り返ると、

 わたしもまた、

 自分が音楽を続ける上で、

 たくさんの人たちに、

 息子をみてもらってきた。

 
 世の中、

 めぐりめぐる。


 母親が好きなことをしていくのには、

 ときに、

 こどもや、夫や、まわりに、負担をかけてしまう場合もある。


 けれども、

 好きなことをしていく母のもとに、

 それを受け入れてくれる魂が生まれてきてくれて、

 母にそれを受け入れる体制があれば、

 そのことをサポートしてくれる人たちも充分にいるとも思える。

 (わたしはそれを実感してる)


 こどもも家族もまわりも一緒にまきこんで、

 みんなで、たのしい人生を、

 一緒につくる感じがいいな。

 
 親が好きなことを伸び伸びとやって、

 人生を楽しんでいる姿をみせることはきっと、

 こどもへの素敵な贈り物にもなるんじゃないかな、

 なんて、

 おもうのです。


 ともかく、

 わたしはこの日、

 カズキチとともに過ごしながら、

 石ちゃんの歌や、

 三宅さんはじめみなさんの素晴らしい演奏や、

 ズクナシの3人のコーラスも、

 充分に楽しんだのでした。


 どうもありがとう。

 楽しい一日でした。


 

 

2018年2月5日月曜日

インプットとアウトプット


 ライブツアーばかりやっていると、

 アウトプットばかりで、

 曲ができないんだよ、

 と、

 いつだったか、バンバンのフクシマくんが言っていた。



 夫も、

 曲をつくるにはインプットが必要だよ、

 良い映画や本をみてなにかを吸収する時間が必要だ

 なんていう。


 わたしにとってのインプットって、なんだろうなあ。


 曲のために意識してそれをしたことは、ないかもしれないなあ。


 良いものに触れて、心が震える。

 それは、

 わたしの中で自然にことばになる。

  (それがきっと彼らの言うインプットですね)



 心が震えたときに、

 ことばとメロディが、

 自然に生まれる。


 
 わたしの場合は、

 それが、いつかみた映画や本、からの直接ではなくて、


 心震えるライブをみたとき、

 じんじんする曲を聴いたとき、


 恋や哀愁の気持ちが、

 わたしの中に収まりきれずに溢れてしまう、


 そんなときに、

 一筆書きのように、

 ご神託のように、

 一気に降りてくることが、多い。


 それは一種の、自己セラピーてきな。



 そしてそのじんじんする心の震えがないと、
 
 いっこうに曲はできなくて、

 とってもしばらく曲ができなかったりするんだけれど。



 そんなのって、

 風まかせ過ぎるなあ

 とも思うけれども。


 
 そんなスタンスでずっと奇跡的に、しずかにやっております。笑


 
 アウトプットだらけの生活、というのも、もちろんやってみたいなあ

 この身を削る感じでさ。



 とはいえ、

 昨年出したアルバムは、

 その今の自分のアウトプットの、

 “今の時点での”さいこうの表現だとも、おもってたりして(地味かもしれないけれど)。


 アルバムとしてともあれひとつのものをアウトプットしたから、

 また、

 良いものを吸収して次に繋げていかないとだなあ


 
 それは、恋、だったり、

 わくわくだったり、

 絶望だったり。



 この身を削って、

 インプット&アウトプット、

 です



 ぜんぶぜんぶ、

 えいようです

 

2018年2月4日日曜日

急に入間


 朝、友人のメグさんから急に、

 笹倉くんが営む"guzuri珈琲店"に行こう、

 と誘われ、(メグさんはいつだって突然だ)

 ちょうど予定もなかったので、

 ふたりで入間に行くことに。


 guzuri珈琲店はお休みだったけれど、

 笹倉くんは居るというので、

 ちょっとだけ寄らせてもらって、

 美味しい珈琲をいただいた。




 (メグさんは即興占いをしてあげてた)


  guzuriは、訪れるたびにレイアウトが変わっていて、

 毎回驚く、というか笑う。

 
 きっと、これが完成、というのはないんだろうな。

 笹倉くんの、DIY(のレベルを越えてる内装技術とセンス)。




 それから姉妹店の"THE SOUTH"に寄って、

 美味しいものたちを食べ。


 せっかく入間に来たので、

 ご無沙汰気味のso-soに、ご挨拶に顔を出した。


 久しぶりのオトンもおかみさんも、

 変わらない感じであたたかく迎えてくれて、ありがたかったな。
 


 そして、ちょうど三宅さんがライブのリハちゅうだったので、

 リハーサルだけ堪能させてもらっちゃった。

 ありがとうございました!


 お土産に、

 so-so特製ジンジャーシロップを購入。


 突然だったけど、

 充実の入間デーでした。


 メグさん、誘ってくれてありがとうね。


2018年1月31日水曜日

月蝕の宴


 満月で、

 月蝕で、

 ブルームーンで、

 スーパームーンで、

 そんな夜に、

 おもしろい素敵な人たちと飲んでいました


 わたしは折を見てときどきお店の外に出て、

 その時々の月を、

 堪能しました


 神秘的で美しかった。

 写真には、収まらないかんじの。



 その宴は、

 ちょうど良い頃合いにみんなそれぞれご機嫌に帰路につき、


 残った4人でもう一件行ったのだけれど、

 4人ちゅう2人は酔っぱらい過ぎておそらく一緒に電車に乗ったことすら憶えていなくて、

 あのときしゃべったことや、

 笑ったことや、

 いろんな記憶は、

 いったいどこにいくんだろうな、

 なんて、

 朝まで飲んでもわりとけっこう憶えているわたしとしては、

 どことなく切ないような気持ちにもなるのでした。


 酔っ払いの人たちの、笑えるやりとりなんかをみながら、

 きっとこれ、

 明日はなあんにも憶えてないんだろうなあ、

 と思いながら見守っていて。



 こぼれた記憶が降り積もる場所、

 というのがこの世界のどこかにあるとしたらそれは、

 混沌と、美しさと、どうしようもなさが入り混じった、
 
 なんともいえない、

 むらんむらんの、

 虚しくて哀しくて、いとおしい、

 サイケデリックでモノクロームなところなんだろうな、

 なんて、おもう。


2018年1月29日月曜日

マキちゃんRECの続き。


 友人万貴ちゃんの留守宅を借りて、本夛マキちゃんRECの続き。


 部屋の隅を布で囲って即席録音ブースをつくったりして、

 手づくりで録音をすすめております。


 
 宅録、楽しい。

 

2018年1月28日日曜日

前野健太さんライブ


 三輪二郎くんに誘われて、前野健太さん&レオ今井さんライブ。

 かっこよかったー

 ありがとう!


 ライブ後、二郎くんが楽屋に連れてってくれて、ご挨拶させてもらった。




 若い頃にずいぶんとイノトモのアルバムを聴いてくれていたらしく、影響受けてます、と言ってくれた。


 そうかー、

 20年もやってると、

 若い頃にイノトモの曲を聴いてくれてた、という人が、

 今こうやって世に出て活躍しているということも出てくるのだなあ、

 と、

 少ししみじみした。


 そのままのノリで打ち上げまで参加させてもらって、

 終わりの頃に、ドラムの白根さんがいらっしゃるのに気付いて、ご挨拶させてもらったら、白根さんも"イノトモのアルバム何枚か持ってます!"とおっしゃってくださり、

 なんとここにもイノトモ聴いてくれてた人がもうひとりっ

 と、2度驚いた夜でした。 

白根さん、フクヤママサハルみたいにかっこいい人だ☆

 
 二郎くん、呼んでくれてありがとうね〜!
 
 

2018年1月27日土曜日

親子向けミニライブ→バンバンバザール@BYG


 午前は、武蔵野市の子育て広場「すくすく泉」で、

 親子向けミニライブ。

 たくさんのかわいいおチビちゃんたち、おかあさんたちの笑顔に癒されました〜


 楽器に興味津々のかわいこちゃんが、

 おもむろにわたくしのギタレレを持ち、

 サポート演奏してくれました♪

 

 
 子育て中って、ライブに行ける機会が減っちゃうと思うので、

 こういう場所で、

 赤ちゃんが泣いちゃっても大丈夫、

 マイクや楽器ににじり寄って来ても大丈夫、

 な雰囲気の中でのびのびと、

 こどももお母さんも、

 一緒に生の音に触れて、楽しんでくれるとうれしいな。



 そして夜は、久しぶりのバンバンバザール@BYG。

  相変わらずのおもしろさ、良質な音楽のひととき。




 最後に突然、飛び入りゲストで呼びこんでくれて、急きょ、2曲も一緒に歌わせてもらっちゃった。

 どうもありがとうでした!

 
 打ち上げも楽しかった〜

2018年1月23日火曜日

イノトモ×塚本功×おおはた雄一 @吉祥寺 曼荼羅



 イノトモ×塚本功×おおはた雄一のトーク&ミュージックセッション@吉祥寺曼荼羅、どうもありがとうございました。

 今回の企画は、レダの水谷さんに「ムジカダレダyoutube番組」の話を持ちかけられてわたしが考えたもので、

 いつものライブとは違うかたちでギタリストふたりのおもしろい話を引き出せたらいいなあ、と、トーク&ミュージックセッション、というかたちにしました。

 あまりないかたちだし、うまくいくか不安はありつつ、

 まあきっとなんとかなるだろう、と、無計画のまま。


 みかねたおおはたくんが、

 ライブ前の磯丸水産で、

 だいたいの流れを考えてくれはじめたりして。

 こんな僕がこういうことやるとはよっぽどですよ、

 と、こちらのゆるゆるかげんを指摘された。笑


 塚本くんは、おおはたくんが考えてくれてる様子をみながら、

 そんなふうに決めたようにはならないと思うよ〜

 と、ニヤニヤ。


 
 トークコーナー、

 二人の話をうまく引き出せたかどうか、

 そしてみなさんに楽しんでもらえたかどうか、

 自分としてはいっぱいいっぱいでわからなかったけれども、

 3人での演奏はとにかく楽しかった。


 今回もまたソロを無茶ぶりされて、わたし的には冷や汗な場面がありましたが(笑)、二人の素晴らしい演奏はさすがでした。

 どうもありがとう。


 そして打ち上げは、来てくれていたトーベンさん、ネロくん、アコギマガジンの相川さんも一緒に、通りがかりの、庶民的なノリの串揚げ屋さんへ。

 
 たこ焼き焼くの、楽しい〜

photo by おおはたくん


 わたくしの大雑把な性格により、

 異常に偏った紅生姜だらけの個体、

 タコが入ってない個体、

 タコが2こ入ってる個体、など、

 ロシアンたこ焼きふうに仕上がりました!


 塚本くんは3つ連続タコが入ってなくて、

 それでもうお腹いっぱいになったらしく、
 
 それはある意味当たりですね 笑

 
 楽しい夜でした。

 

2018年1月20日土曜日

戎ビアホール飲み

 
 吉祥寺の戎ビアホールで、灰ちゃんとタカシくんとなぞ飲み会。



 もともとはハバナの木下さんが、吉祥寺で集まろう、と企画してくれた会だったんだけれど、肝心の木下さんが都合で来れなくなり、

 ほかに来るはずだった人たちもことごとく来れなくなり、

 とはいえせっかくなので、残りのメンバーでとりあえず飲むことになったのだ。


 わたしはギター教室が終わってからの参加だったけれど、

 二人は15時から飲んでいたらしく、

 わたしが到着したときはストーンズの話でやっと会が盛り上がってきたところだったらしい。


 そこからお店の閉店まで、

 飲み、しゃべり。


 「蛍の光」が流れて、
 
 わたしは、息子を留守番させていたのでおとなしく帰ったが、

 彼らはその後、ノロかバオバブへ行こう、と2軒めに繰り出していた。

 
 よく飲む人たちだ。
 
 (わたしもまあよく飲むが)

 

2018年1月18日木曜日

静かに冷めた湯たんぽ


 昨夜は夫の布団に

 湯たんぽをそっと忍ばせておきました


 けれどもその晩、夫はどこかでだれかと飲んだまま、

 朝になってもお昼になっても、帰ってきませんでした


 わたしはそのことに

 とくになんとも思わなかった


 そんな夜、昔はずいぶんと、

 朝までうまく眠れない浅い眠りのなか、

 何度も彼が帰ってくる夢をみて、

 夢から覚めて隣りの布団がからっぽなことに何度も落ち込んで、


 そして結局朝になってもお昼になってもどこにいるのかわからず、

 いったい彼はどこにいるんだろうかとやきもきしたけれども、


 今はもう、

 そんなことに、心はかき乱されないのです


 彼はどこかで朝まで飲んで、

 そしてどこかしらでぐうぐうと寝ているだけです


 彼の布団に入れた湯たんぽのぬくもりがただ静かに、

 朝までかけて

 冷めただけです


 ただ

 それだけです


 そこになにかしらの意味や、

 ありもしない哀しい物語をつけるのは、

 いつのまにかやめました


 そしたら

 心はいつも

 平穏です


 それはほんとう。

 すべては自分の心の反映みたいです。


 わたしは今、じぶんで満ち足りているから、振り回されないのかな。


 わたしはあの若かった頃よりはずいぶんと

 心が楽になったようにおもう。


 それは、

 無感覚になったのではなく、

 もっと大きななにかを手に入れたような。


 なにかにこだわらずにいると、

 いつもやわらかな気持ちでいられるようだ。


 きっといつかまた、

 心がぐわんぐわんとかき乱される日が来るのかもしれないけれど、

 それは、

 またそのときに考えればいい。


※補足
結局その夜は、一緒に飲んでた人の家に流れてそのまま寝ていたらしい。やきもきしたってたいてい、真実はそんなところだ。

(だいたい、わたしの方が朝まで飲んでることが多いから、そこはお互いさまでもある笑)

2018年1月17日水曜日

うちゅうをしんじる


 うちゅう(じぶん)を信じるしかない

 なにがどうだって。


 わたしはいったいなんなんだろう、

 なんておもうときにとくに。


 ときどき、

 消えてしまいそうになるときが、

 消えてしまってもなんにもかまわないんじゃないか、

 とおもうときが、


 ときおり、あって



 そんなときは

 しずかに、

 じぶんを、うちゅうを、信じるしかない。



 それこそ答えなんか、

 どこにもないのだしね


 いいも悪いも。


 ぜんぶぜんぶ、

 幻想だ


 なんてね

2018年1月16日火曜日

新年会ライブ@下北ガーデン


 金子マリさんと三宅伸治さんの新年会ライブ@下北沢ガーデンを観に行かせてもらいました

 それぞれの出演者(知り合いもたくさん)がそれぞれに素晴らしく、ぜいたくな夜でした

 そして、打ち上げではじめて金子マリさんと改めてお話できて感無量。

 母としてミュージシャンとしても超大先輩。

 貴重な話が聞けた〜

 金子マリさんは、とにかくやさしくてかっこいい。

 尊敬。

 
 風知空知で深夜まで飲んだあと、

 沖縄居酒屋に流れて、

 また、朝まで。(この顔ぶれだとだいたいこのパターンですな笑)


 おおはたくんがお店のギターでおもむろに繰り出す演奏が、

 かなり秀逸でした。

 さすが〜☆

 
 途中から合流した若者たちの歌も、すばらしかった。

 下北の夜は、濃いねえ。

深夜のセッション。


2018年1月14日日曜日

鎌倉moln


 鎌倉moln、どうもありがとうございました。





 店主あやさんの"好き"がいっぱいの、素敵なお店。

 
 お店に入るなり、

 サウンドチェックの用意もせずに、

 ひととおりの素敵な雑貨たちをひとつひとつ眺めてしまう。


 そんな場所だから、

 最初から良い空気に迎えられえてる感で、

 とっても歌いやすいのです。


 そんな雰囲気にも助けられて、

 いつもよりももっと自然に、

 伝えたいことを伝えられたような気がします


 あの空間、

 あの時間を共有してくれたみなさん、どうもありがとうございました。


 ちょっとでもなにか、

 ちょっとした素敵ななにかを、

 届けることができていたなら、幸いです。


 来てくれたみんなに、光が降り注ぎますように。

 いつもそんな気持ちで歌っています。


 どうもありがとう。

 
 演奏後にあやさんと五十嵐さんと寄ったこだわりワインのお店も、美味しかった〜♡



2018年1月13日土曜日

オーディオインターフェース聴き比べの会




 スタジオレダの、

 "オーディオインターフェース聴き比べの会"

 に参加させてもらいました。

 マニアック。

 それぞれ、全然音がちがうのです。

 こんな機会、なかなかないです。

 奥深かった〜


 レダの水谷さん、お誘いいただきどうもありがとうございました。

 とってもためになりました。


 このさきのなにかに役立つかどうかは、未知数!

2018年1月12日金曜日

濃密女子会




 バイオリンのあやちゃんと、

 ギターの長井千恵子ねえさんと、

 吉祥寺のオクワ酒屋で3人飲み。


 この組み合わせは、かなりレア。

 
 たぶん15年以上前にあやちゃんが「ガーリーズ」という女性ミュージシャン(それもとてもずいぶん濃密な女たち)だけで企画したイベント以来かも。

 
 いろんな話が飛び交って、

 濃密な会だった〜


 ガーリーズ 復活 in 台湾(台湾にあそびに行きたいから笑)

 をあやちゃんに提案しといた ♡

 

2018年1月11日木曜日

遠い宇宙からきたのかな


 幼い頃のわたしの写真は、たいてい口が”ヘの字”になっていて、

 ぜんぜんまったく笑っていないものが多い。




 3才下の妹が生まれた直後の、如実に物憂げな表情の写真はわかるとしても、

 じぶんだけが愛されていたであろうときの3才までの写真も、けっこう寂しげなものがチラホラある。


 わたしがなんとなく憶えている最初の”感覚”の記憶は、

 6才くらいのこと(憶えている記憶としては遅過ぎるけれども笑)、

 家族の中で充分に愛されて育っている中での、

 じぶんではなんとも形容しがたい、不思議な”違和感”。



 同じ部屋で布団を並べて眠っている、

 父や母に対しての、

 この人たちはいったいだれなんだろう

 という、

 どこから来るのかわからない不思議な疎外感。

 そして、孤独感。

 心がひゅうひゅうとする感じ。

 あの感覚は、なんだったんだろう。


 わたしは小さな頃、この世界に、
 ひとりでそっと小さな違和感を持っていました


 その感覚は、成長するとともにだんだん消えていき、

 いつのまにか、この世界になじんでいました


 大人になってからその頃のことを思い返してみて、

 わたしはどこか遠い宇宙から、
 この地球にはるばる来たのかしら、

 だからあんなに寂しかったのかしら、

 なんて、
 途方もないファンタジーな空想をしてみたり、しています



2018年1月10日水曜日

赤坂クローフィッシュ 2018冬




 季節ごとの定番になりつつある、

 「イノトモ×塚本功」@ 赤坂クローフィッシュ。

 
 今回も、

 わたしにとっては、とても実りある回でした。


 塚本くんにいつも突然ギターソロを無茶ぶりされて、

 なにもみえないまま"手さぐりくにゃくにゃ奏法"になってしまうギターソロ、


 今回は、

 サウンドチェックのときに、

 
 この曲のソロやってみたら、

 と、
 
 その奏法の入り口を教えてもらって、


 ライブ前の控え室でもそのコツを教えてもらったりして、


 わたくし少しは長くギターをやってきているのになぜこんなにできないかは置いておいて(笑)、


 ふうん、なるほど、

 と、

 頭の音と最後の音だけはハズさないやり方を教えてもらったのでした


 そしてやはり本番では、

 頭の音だけは意識してできたけれどもあとはグダグダで(苦笑)、

 じぶんのアホさ加減にげんなりはしたけれども、

 控え室で教えてもらった、

 ふうん、なるほど、

 の部分は、

 少しだけ(ほんとうにすこうしだけ)理解できたような気がしたのです

 (それを身体にしみ込ませるにはあと何年も何年もかかりそうだけれども)


 わたしは、こんな素晴らしいギター弾きのそばにいることができて、

 いつもそれだけで大満足の気持ちで来たのだけれども、

 そのギター弾きが独自に教えてくれる機会があることにもマジで感謝しなければ、

 とおもう2018年のはじまりです。


 それはとてもシンプルで、

 そしてとてもとても、

 奥深い世界です。

2018年1月1日月曜日

2018


ベランダからの初日の出


 新年あけましておめでとうございます。

 
 2018年のはじまりは、山登りから。


 秩父の、五常の滝→物見山→日和田山コース。





 おにぎりもって。

 とても良いお天気。


 満喫した〜


 2018年、いつになくがんばるぞう 笑

 
 どうぞよろしくお願いいたします♪