2017年8月10日木曜日

ヤマハMW10C


 西荻窪のなんでもないリサイクル店で、

 なんだか使えそうな機材を安く発見。





 これはお買い得かも

 と思って、

 即購入。


 "電源付き"と説明書きがあったのに、

 帰って開けてみると、

 電源がない。


 お店に問い合わせてみると探してくれて、

 電源がどうしてもみつからないので、返品扱いにして、ご自宅まで返金&取りに伺います、とのこと。

 うーむ、。


 安く買ったし。

 使ってみたいし。


 すごく考えて、

 電源ケーブルはネットで買うことにして、

 このままでいいです、

 と、相手先に伝えた。


 リサイクル店はとても恐縮していたけれど、

 たぶん、

 これでいいよね。



 きっとこれはこれとして、なにかは巡っていくよね。


 わたしの懸念としては、

 これが本当にわたしの音楽活動に、果たして役立つのかどうか、だ。



2017年8月9日水曜日

新大久保スパイシー探検


 EGくんと、新大久保スパイシー探検。


 EGくんは、日常のほとんどが"ギター熱"もしくは"ギター愛"で満ちているんじゃないか、と思える青年で、

 うちに来たら酔って寝るまでギターを弾いているし、

 起きたらすぐにギターを持つような印象。


 そして彼は"ギター熱"と同じくらい"スパイス熱"もあり、

 うちでわたしのごはんを食べるとやけにスパイスの使い方について熱く聞いてきたりするので、

 わたしもスパイス研究中なこともあり、

 せっかくなら一緒に安いスパイス屋巡りをし、美味しい異国料理を食べよう、という流れになって、

 スパイスが安く買える"イスラム横町"がある新大久保駅で落ち合うことに。


 本来は、そんなわけで、"新大久保のビリヤニを食べよう"ということで決まったこの会だけれど、

 ("カレー会"のスパイシーマリコちゃんとシンタローくんも誘ったけれど都合が合わず、とりあえず二人スパイシー会となる)

 肝心のビリヤニのお店はアルコールを置いていなくて、
 
 夜ならお酒が飲みたいし、ビリヤニは"シメ"に取っておこう、ということで、

 その通りの先の、

 日本語がほとんど通じないネパール料理のお店で
 
 謎の料理と謎のビールを飲むことに。



 そしてわたしたちは結局、

 どちらもお酒は飲むけれど、

 "飲むとそんなには食べない"

 という二人だったので、

 ビールと、つまみの大豆料理とスパイス焼きそばの2品でどちらも同じくらいお腹いっぱいになってしまい、

 
 "ビリヤニはもう入らないね"

 という結論に。


 
 その2品でお腹が満たされ、

 帰り道にそれぞれ必要なスパイスや異国米を購入し、解散。


 うん、これはこれでいい会だった。

 
 スパイシー。
  

2017年8月6日日曜日

吉祥寺スターパインズカフェ


 スターパインズカフェ"吉祥寺祭り"またの名を"トーベン祭り"、ありがとうございました!



 毎回呼んでもらえてほんとにありがたい、大好きなイベント。

 出演者のみんな大好き。

 それぞれ、本当に素晴らしいステージでした。


 そしてスターパインズカフェ20周年、おめでとうでした。

 
 打ち上げは、深夜まで。


 みんなが帰る流れの中、

 栗コーダーの川口さんだけがまだ飲んで行くと言うので、

 「川口隊長、失礼します!」

 とそれぞれ挨拶をし、

 その、川口さんひとり残った姿がとても切なくおかしくて、
 
 写真に収めた。

隊長と言われつつ隊員がいないところが切ない

 (翌日、それぞれが撮った川口隊長の切ない写真がメールで行き交う)


 楽しかったー!

 どうもありがとう!!




  

2017年7月30日日曜日

鵠沼海岸


 友人あずさんと、海呑み。



 缶ビールとおつまみを買ってって、

 海を眺めながら、浜辺で、ただ、飲む。


 わたしは時々波打ち際に行き、膝まで海に浸かったりして。


 海っていいよね。


2017年7月26日水曜日

伊賀さんと青弦くんrec


 吉祥寺ledaにて、伊賀さんと青弦くんの録音。


 今回のアルバムの録音は出来るだけ家で進めているけれども、

 家で録れそうにないものは、スタジオで。


 レダの水谷さんに相談すると、

 その楽器に合ったマイクを貸してくれて、

 マイクの配置なんかもアドバイスしてくれる。

 ありがたい〜


 伊賀さんは1テイク目でばっちりキメてくれて、

 もう決まってるんだけど、

 せっかくなのでオマケでもう1テイク入れてもらった。




 でも、ほんとは最初のテイクでもうOK。

 さすがあ

 
 わたしの録った音を聴いて、
 
 「プロみたいじゃん」

 と笑うので、

 「伊賀さんもプロみたいな演奏だ」

 と返したら、

 めちゃめちゃ笑ってた。

 (昔なじみならではのやりとり)

 
 伊賀さんはそのまま次の録音現場へ向かい、

 
 青弦くんが入れ替わりに登場。


 マイクの配置を充分に吟味してあれこれ変えつつ、

 じっくりと良いチェロを響かせてくれた。




 そのふくよかな音色に、

 くらくらしたー


 ありがとう。


 
 
 たぶん

 これで入れたい音はほとんど入れたかも。

 あとほんの少しで完成しそう。


 新アルバム、秋にお届けできるよう、

 がんばって進めます〜



2017年7月24日月曜日

塚本くんrec


 塚本くんが、

 ギターを録音しに来てくれた。

 
 せっかくなので、

 お昼ごはんをふるまう。

 暑いので、

 そうめんと、鯵のちらし寿司。


 録音は1曲のつもりだったのだけれど、

 急にもう1曲入れたい曲を思い付いて、

 急きょ、コード譜もないままお願いした。

 
 塚本くんはいつもの天才的な"瞬時曲読み取り能力"でもって、

 さらさらとこともなげに、

 "キメ"の部分まですんなりと、

 演奏をキメてくれた。




 さすがだなあ


 ありがとうでした。



 思いのほかお昼がゆっくりになったので、

 その後に控えていた息子の"三者面談"の時間がギリギリに迫っていたのだけれど、

 録音はなんとたったの30分くらいで終了。


 塚本くんに、お礼とともに、「鍵開けといていいから適当に帰ってね」と言いおき、

 息子の学校にバタバタと向かったのでした。


 そして学校では、一応、母の顔に見えるようにふるまい。


 "音楽"と"母"の同時進行って、こんなふう。


2017年7月23日日曜日

オクワ→戎ビアホール→三舟


 夕方、潮音から突然、

 「今日飲めるの〜」

 とメールがきて、

 急に飲むことに。


 オクワ酒屋でふたりで飲んでいたら、

 元ハバナ常連のモッチーが偶然来て、

 せっかくなので、

 ひとりで飲んでいたモッチーをわたしたちの席に招き、

 3人飲みに。


 さらにその後、戎ビアホールに流れて、

 ギターのタカシくんも合流、

 謎の飲み会。


 戎ビアホールではあっという間に閉店時間になり、
 
 酔っぱらってご機嫌な潮音が

 「手をつなごう!」と言い出し、

 吉祥寺の街を、なぜか大人4人並んで手をつないで美舟へ向かった。





 オクワ→戎ビアホール→三舟。

 なかなか良いルートだった。

 どこも終わるの早いけど。

 それも飲み過ぎずにすんで、ときにはちょうど良かったりする。

 
 潮音は今日も美しくぶっ飛んでいた。

 

2017年7月21日金曜日

安宅くんrec


 安宅くんちに、出張録音。

 
 道すがら、

 都会の中の珍しい砂利道に、

 しばらく足を止めてみたりして。




 安宅くんは、

 ちょっとややこしいコード進行に多少手間取りつつも、

 ちゃんといい演奏をしてくれました。




 ありがとう!

 
 新作制作は、着々と進んでいます。

 

2017年7月19日水曜日

助産院で歌の会


 松が丘助産院の歌の会に、歌いに行かせてもらいました。


 お母さんのしあわせが、赤ちゃんのしあわせ。

 お母さんがしあわせな気持ちで日々を過ごせますように。


 子育ての中で、我慢とか、ストレスとか、

 そういうのが溜まりそうになったら、


 こういう会に出かけて一緒に音楽を楽しんだり、

 ときには誰かに赤ちゃんを預けて一息ついたりできるといいですね。



 この日は、ふたごの赤ちゃんのひとりを抱っこさせてもらった。

 久しぶりに赤ちゃん抱っこできて、しあわせだった〜

 赤ちゃんはわたしの腕の中で、そのうち、ことんと眠った。

 そのあたたかさと、小さな重さがとても懐かしくて。

 抱っこさせてくれてどうもありがとうでした!

 
 ふたごちゃんのお母さん、頼もしかったなあ
 
 大変だと思うけれど、笑顔が素敵な方でした。


写真は松が丘助産院より。ありがとうございます!


 がんばれ〜


2017年7月15日土曜日

長野小諸「読書の森」


photo by サトシさん。ありがとう!


 "メェェメェェ丘マルシェ×一箱古本市×森の音楽祭"、

 ありがとうございました!


 小諸の「読書の森」は、トーベンさんがずっと前からとても大切にしている場所。

 そこで一緒にライブをさせてもらえることになり、

 喜んで歌いに行った。


 そこは、あたたかく素敵な人たちが集う、

 天国のような森だった。

 
 そしてとても愛に満ちたイベントだった。


 そのまま打ち上げもご一緒させてもらい、

 マルシェに集まった地元の人たちやあちこちの人たちと、

 わいわい歌ったりしゃべったり、

 結局朝の4時くらいまで飲んでたなあ。


 好きな場所、好きな人たちがまた増えました。


 どうもありがとう!

 楽しかった〜


 写真をfacebookにアップしました。

 https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1561663313908333.1073741852.116970415044304&type=1&l=d32328fe27
 

2017年7月14日金曜日

阿佐ヶ谷福祉工房イベント


 阿佐ヶ谷福祉工房の記念イベントに歌わせてもらいに行った。


 手づくりのウエルカムボードに感動し、



 心のこもった飾り付けや、

 美味しい手づくりのお弁当など、

星のコロッケ入り☆


 とてもうれしかった〜
 

 ライブ自体は、それぞれ喜んでもらえてるかどうか心配しながらも、会場の方々の笑顔に助けられ、楽しく歌わせてもらいました。


 利用者の方々の、それぞれの楽しみ方も、とても刺激的だったな!


 貴重な機会を、どうもありがとうございました。

 

2017年7月12日水曜日

赤坂クローフィッシュ・夏編


 赤坂クローフィッシュ、ありがとうございました。

 塚本くんの、いつもの安心で刺激的な演奏。楽しい夜でした。




 帰り道、

 ちょいと一杯飲んで帰ろう、と、吉祥寺を歩いていたら、

 小さい立ち飲み屋のお客さんに、一杯おごるから寄ってったら〜、と声をかけられて、どうせどこかで飲むつもりだったので、一緒に飲むことに。

 結局、そこのお客さんたちとyoutubeでツェッペリンのライブ映像をみたりして盛り上がって、そのまま3時くらいまで飲んじゃった。

 愛するハバナがなくても、結局どこかにひっかかっちゃえば相変わらずだ。

 

2017年7月10日月曜日

アニーくんrec


 午前にヨガに行って、

 帰り道、駅で湯川潮音とばったり。

 しばらく立ち話をして、

 もっと話したくなったので、駅のカフェでお茶することに。




 しばらく会ってなかった間にたまった話で、お茶だけで盛り上がった。

 

 午後はアニーくんが、アコーディオンを弾きに来てくれた。



 さすがのいい演奏してくれた。


 録音中はクーラーを切りながら、暑い中3曲も入れてもらった。


 お礼に軽く夕飯をふるまいつつ。

 新作制作、進んでおります。


2017年7月9日日曜日

録音つづき


 うちで録れないものは、スタジオで録音。

 今日はトランペットと、ベース。


 ベースは下手っぴだけど、

 今回のアルバムのテーマは"できるだけ手づくり"なので、

 なんとか無理くり演奏。

 


  まあなんとかかたちにはなったんじゃないかな。


 録音は、まだまだ続きます。





2017年7月4日火曜日

宅録→ハッチェル飲み


 お昼は、

 せっせと録音のつづき。


 曲がとにかく、

 増えているよ。

 


 夜は、

 ハッチェルさんと飲み。




 このお方と飲んでると、

 楽しいったらないよ。

  

2017年7月3日月曜日

西荻リハ




 翌週の阿佐ヶ谷福祉工房ライブのリハでした。


 手伝ってくれるバイオリンの美尾さんが素敵&頼もしすぎる。


 このライブは、関係者だけで100人以上、会場いっぱいになってしまうとのことで、今回は一般の方々には開かれていないようですが、これからどんどん、みんなで楽しむかたちに進化していく企画だそうです。

 たのしみ。


 リハ後は、三人灯で、美尾さん、今回の企画&カホンのアリマくんと軽く飲み。

 
 短い時間にしっかりと交流できたとおもう。

 
 ありがとうです!


2017年7月1日土曜日

よしのちゃんとランチからの、クアトロ


 昔からの友人、

 かわいいよしのちゃんが、息子のなぎくんとランチがてら遊びにきた。




 よしのちゃんは、

たぶん20年前くらいからの知り合いだと思うのだけど、

 そのころからまったくかわらず、

 ずっとかわい子ちゃんだ。

 しかもとっても自然に。


 この人の年齢の仕組みはいったいどうなってるんだ、とおののく。
 

 これはもう、

 魔法使い?妖精?

 という謎のレベル。





 そんなかわいいよしのちゃんと、

 かわいい息子のなぎくんと、

 ひととき、うちで楽しく過ごして、


 夕方からは、

 デキシード・ザ・エモンズ@渋谷クアトロ。




 むっちゃかっこよかったなあ

 華のあるバンドだなあ


 アベジュリーさんとベースの方のマシンガン奏法に打ち抜かれ、

 ハッチェルさんのドラムソロは、

 打ち上げ花火のクライマックスの、

 あの何十連発の感動的なしだれ柳の花火のように、

 どかんどかんどかんと、心に響いた。


 観に行けて良かった。

 ありがとう!

 
 素敵な一日でした。

 

2017年6月29日木曜日

宅録


 毎日、

 録音しています。

 
 わたしは、

 「鶴の恩返し」のように、

 誰にも見られずにひとりで機を織るように、

 音を紡いでいく作業が好きだ。


 あるときは、

 廊下で録音してみたり。


ギターの音は良かったけど、歌の方はイマイチ。

 
 あるときは、

 マイクを足の間に挟んでみたり。


これは別に良くなくて、すぐに却下。


 工夫しながら、

 あれこれ模索中。


 

2017年6月28日水曜日

万貴ちゃんちでランチ


 万貴ちゃんちでランチ。


 万貴ちゃんは、器好きが高じて、

 料理家さんの器のスタイリストをしたり、

 ときどき料理撮影のアシスタントをしたりしている。

 
 その撮影でいただいたもの、

 を、"盛りつけただけ"らしいのだけれども、



 
 お店みたい〜

 そして、とっても美味しかった〜


 ワインまでいただいちゃって。

 (ランチワインは、わたしの中ではちょっとしたたしなみ、な感じで、飲酒には入らないことになっている)

 
 至福のひとときでした。

 ありがとう。
 

2017年6月18日日曜日

ギター教室


 下北沢leteの「かんたんギター教室」は、

 土日ともに、発表会でした。


 日曜クラスは、みんなの持ち寄りでこんなふう。




 皆さんそれぞれのペースで、

 それぞれに成長していて、
 
 わたしは毎回静かに感動しています。


 次回のクラスは、8月スタートです♪

 

2017年6月17日土曜日

下北沢駅前にて


 下北でのギター教室の前後に北口を通りかかったら、

 行きも帰りも、馬浪マラカス団の"のすけ"くんにばったり会った。


 駅前のステージでちょうどそのとき曽我部くんが歌っていて、

 のすけくんがビールをおごってくれて、一緒に聴いた。


 お礼に彼らのグッズ、ドリンク缶ホルダーを購入。



 かわいい。使える。

 ありがとー!


 演奏後の曽我部くんとも、少し会えた。


 下北の駅前に、いい歌を響かせてたな。

 

2017年6月15日木曜日

曲作り進行中。




 曲をつくってるとちゅうで、

 メモがわりに動画を録ったりして、

 それを昔ふうに加工してみたりしはじめて、

 横道にそれたりしながらも、

 
 少しずつ、

 曲が出来ていっています。


 

2017年6月8日木曜日

制作月間


 仕事用に依頼された曲もあったりして、


 今月は"曲作りと録音月間"と決めて過ごしている。


 池のほとりや、

 近所の公園の原っぱなどで、

 ぼおっとしながら、

 曲の断片をひろう。





 ここ何年かは、一年に一曲、くらいのペースだったんだけれども


 ここのところ急に曲がたくさん生まれてきていて、


 とにかく、詩と曲が同時に降りて来る。


 その生まれてきた曲たちを、

 得意の"宅録"で、粛々と、かたちにしていっているところ。


 その時間がまたとても楽しい。


 この感覚は、なにものにも代え難いなあ


 だけれども、このスイッチの入れ方は、何年経っても、分からない。


 急にきて、

 急激に去っていく、インスピレーションの波たちよ。



2017年6月6日火曜日

亜土さん@新宿JazzSpot J





 水森亜土さん。

 わたしの師匠。


 24年くらい前に、「劇団未来劇場」に音響効果スタッフとして在籍していた頃にとってもお世話になっていたあの頃から、まったく全然変わらずずっとかわいくて、ほんとにすごい。
 
 生きるミラクル。ファンキーエンジェル。

 
 当時、亜土さんのライブにはよく連れて回ってもらっていて、

 でも改めてお客として聴きに行くのは、実は初めて。


 JazzSpot Jも、はじめて。

 (39年やっているそう。)


 階段を降りると、


 なんとまったく偶然に、友人の万貴ちゃんがお店の前にいて。


 ちょうどこの日にこの場所で展覧会中の絵を見に来たところだったそうで、

 そんなシンクロに、心底驚いた。


 万貴ちゃんにその素敵な絵描きの野村浩平さんを紹介してもらって、

 ライブの合間は、その彼とおしゃべりして過ごした。


 2部で帰るつもりだったのに、たのしくて、結局3部まで。

 
 宇宙的な縁だなあ


 亜土さんとも話せた。

 うれしかったな





 「外山喜雄とデキシーセインツ」の方々の演奏も素敵だった。


バンドの練り歩きシーン。


 先輩方、ほんとすごい。

 
 マジリスペクト。

 
 この日、宇宙的なタイミングで出会えた野村浩平さんの絵たちも、

 とても素敵でした。


 6月末までJspotで展覧会中とのことです♪


2017年6月5日月曜日

ペパカフェ→うさぎ館


 息子の運動会の振り替え休日。


 彼はとくに友達との予定もないようだったので、

 ふたりでランチに出かけた。


 井の頭公園の、ペパカフェフォレスト。

 いつ来ても、気持ちいい(ほんとはテラス席の方が最高だけれど)。




 ランチ後、

 公園を歩きながら、

 弁天さまに、良い曲ができますように、

 とお参りして、

 
 うさぎ館でガレットとお茶。

 (ペパカフェとうさぎ館は、どちらも同じ、素敵な絵描きのマダムが営んでいる。)



 
 どこか遠くへ出かけなくても、


 充分に休日を過ごせるのが、

 井の頭公園だなあ


2017年6月4日日曜日

スギセと優河ちゃん


 スギセと優河ちゃんのライブ@下北沢ハーフムーン・ホール。




 それぞれに才能豊かなふたりのライブ、

 打ちのめされる覚悟で行ったけど、

 もちろん打ちのめされた(とても気持ちよく)。


 ふたりとも、最高に素晴らしかった。



 ライブ後、下北で中上くんとハピネス田中さんとみんなで飲んだ帰りみち、


 スギセと優河ちゃんとわたしの3人でちょいと寄った吉祥寺の居酒屋で、


 ふたりのそれぞれの曲のつくりかたを、飲みながら聞いてみた。



 優河ちゃんは詩が先だということ、

 そしてその詩はなにかの影響とかではなく自然に生まれること、


 スギセは曲が先で、

 その曲に合わせることばをひろっていくこと、

 なんかを、興味深く聞いた。



 なるほど


 それでその世界なのだねえ

 それぞれに素敵だねえ


 なんて思いながら。



 ちなみにわたしはといえば、その両方。


 ことばはいつも、曲とは関係なくただ詩やことばとしてわたしの中や外にあり、

 それはそれとして、浮かぶたびにノートに書き留める。


 メロディだけが、静かに生まれることもある。



 ことばとメロディが同時にずらりと一曲ぶん、降りて来ることもある(このかたちが最高なんだけれど)。



 良い曲をつくりたい、

 と、いつも思ってる。


 スギセや優河ちゃんのように、

 素敵な才能に触れた夜は、

 なおさら。



 良いライブをみているときは、

 わたしの中でことばが生まれだす。



 今夜は、そういう、夜でした。


 ありがとう。


2017年5月31日水曜日

運動会のお弁当にまつわるエピソードはまだ続いている


 今週末は息子(中3)の体育祭。


 お弁当何がいい?

 と聞いてみたら、

 「パパのチャーハン。」

 と、即答。


 えーっっ

 小1のときの、彼の人生最初の運動会にわたしが福岡ライブで参加できなかったことが、

 こんなにまで影響するのか??

 (それを踏まえた小2の時のエピソードが"こちら")


 と、

 笑えるほどに、三つ子の魂百まで、てきな、

 生まれたばかりのヒナが目の前に見えた存在を親と認識するような、

 恋人と付き合いたての頃にふたりで良く聴いていた曲が流れると今でも胸がきゅうん、とするような(これは脱線)、


 “運動会といえばパパのチャーハン”


 という刷り込み。



 そこでふと思って、


 もしかして、この間の修学旅行のときのお弁当も、”パパのチャーハン”が良かったの?

 と聞いてみると、


 「修学旅行のお弁当は、そんな雰囲気じゃないじゃん」

 と、サラっと返された。


 …

 “そんな雰囲気”

 の感じが、もはや分からないよ、、


 これぞ、当人にしか分からない、なぞの刷り込み…



 まあ、とはいえ、

 今週末の体育祭のお弁当は、

 わたしはつくらないですむということです

 それはそれで、朗報ですね^^


 なんつって!

 グッドラック!

 

2017年5月30日火曜日

平井園Hummingを振り返る会


 平井家に集まって、先日の平井園ガーデンライブ"Humming"の映像を観ながら、

 あれこれと次の妄想。

 
 秋に、Humming企画、またやるかもです。


 平井さん父が、今夜も美味しい料理をふるまってくれた。



 バルコニーで食べるのが、なんともリゾートっぽくて素敵。

 
 そしてムーグさんがグリルで肉を焼く姿は、まるでDJ。

 本日はミック・ジャガーのセクシーな動きと表情の完コピまで披露してくれました(貴重!)。


 
 次回もいろいろと楽しみです。

2017年5月28日日曜日

大阪ギャラリー流流





 大阪ギャラリー流流、どうもありがとうございました!


 冬支度のおふたりに呼んでいただいた企画。


 歌をほんの少しだけマイクで拾い、ほとんど生音のライブ。

 独特の音場でした




 そのおかげか、わたしは変なスイッチが入り、

 最後は糸の切れた凧のように、

 冬支度の二人を従えて、歌いながら会場を練り歩いたりして。

練り歩き。後ろに安田支度さん。
写真はfacebookより拝借しました。ありがとうです!


 濃密でスリリングで、楽しかった。

 みんなも笑っていて。


 ライブは生きてる。

 そんな瞬間だった。

 
 冬支度のおふたり、急な無茶ぶりにも付いてきてくれてどうもありがとう!!


安田さんの手のひらからビームが出てるふう


 そしてギャラリー流流さん、10周年おめでとう。


2017年5月27日土曜日

名古屋 きてみてや


 名古屋きてみてやリクエストワンマンライブ、

 どうもありがとうございました!




 リクエストスタイルは、

 事前にいただいたリクエスト曲のほかに、

 その場でいただくものも多いので、

 ステージで流れを組み立てながら、

 その曲についてのエピソードを交えながら、進めます。
 
 だから、けっこうドキドキです。

 けれども、この曲を聴きたい人が、この会場にひとりでもいる、という確信は、とても心強いものでもあります。

 ニール・ヤングや、プリンス、高田渡さんまで幅広く、挑戦したんだよー


 来てくれたみなさんのあたたかい眼差しに包まれて、

 おかげさまでとても良い時間でした。




 きてみてやの料理たち、美味しかった〜

 こんどはふらりと飲みに行こう。


 呼んでくれた吉田さん、いつもありがとうです。


2017年5月24日水曜日

EGくんの延々ギター


 夫の友人、EGくんが遊びに来て、

 ただただ、延々とギターを弾いてった。


 前に来た時もそうだったけれど、

 とにかく彼はギターが大好きで、

 四六時中、ギターを弾いている。

 眠って起きて、またギターを手にする。

 そんな人。

 
 今回は、それにうちの息子(中3)も混ざり、

 クリームの「サンシャイン オブ ユア ラブ」をエンドレスで延々と。




 その後はブルースをせっせと息子に仕込んでくれていた。

 とにかく楽しそう。

 
 わたしはときどきつまみを提供しながら、

 それを遠めに見守る感じ。

 
 たぶんもう、ギターの単音弾きやブルースセッションに関しては、息子の方がわたしよりも多く吸収していると思う。


 息子よ、その柔らかな頭で、その若さでどんどん吸収して、わたしを軽々と越えてゆけ。

 

2017年5月23日火曜日

有楽町


 上京してきている母と、

 有楽町で映画とランチ。


 「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」、じんわりと良かった。



 
 映画の中で、潮音ちゃんが美しく歌ってた。

 
 ランチは、近くの「6th by ORIENTAL HOTEL」で。





 店員のお兄さんが、

 料理がまだあるのにもうなくなっちゃった私のワインを見て、

 気を利かせて新たにワインを少しだけサービスしてくれた。

 とてもうれしかった。

 こういう心遣いに、グッとくる。


 そしてそのワインは、残りの料理にぴったりの量でした

 さすが〜


 どうもありがとう!

 また絶対行きます。


母。