2011年12月29日木曜日

大掃除



 年末の我が家の大掃除。

 今年は息子がかなりの戦力になってくれた。

 ゴミ出し、ハタキ、ホウキ、掃除機、ぞうきんがけ…

 さすが3年生。本人のやる気さえ続けば(←ここがまだ危うい)、こちらがお願いしたとおりにちゃんちゃんと動いてくれる。

 ずっとこんなふうに手伝ってくれるとほんと助かるなあ。

 
 今日のところは、

 「大そうじって楽しいよね!」
 
 「まい年29日には大そうじ手伝うからね!」

 と宣言してくれていたけれども、どうだろうね…
 

2011年12月27日火曜日

長男堂5周年ライブ



"長男堂5周年ライブ・イノトモ&山田稔明&イトケン"にいらしていただいた方々、どうもありがとうございました。


 長男堂は我が家のご近所さんで、ときどきごはんを食べに行くお店。

 いい漫画が揃っているので、いつも美味しいごはんと漫画、両方楽しませてもらってる。
 
 そんな大好きなお店の5周年に呼んでもらえるなんて、ほんとにありがたい。
 
 
 普段漫画棚であちこち仕切られている長男堂が、ライブのときにはこんなに変わるんだ、と、引っ越し沙汰気味の変貌に感嘆しつつ、山田くん&イトケンさんのステージにも心を揺らしながらの素晴らしく楽しい夜でした。

 イノトモ的には今年のライブ納めということで、今年作った歌を結構混ぜながら、一年の締めくくりの気持ちと、お祝いの気持ちも込めて、せいいっぱい演奏させていただきました。
 
 
 長男堂って、風変わりかも知れないけれど、音楽や人に対するあったかみ、というのが確実にあって、そこに引き寄せられた人たちが集っていた、そんな感じかな。

 ほんとにどうもありがとう。

 5周年おめでとう。

 

 帰りには、ご近所さんのクリコーダー栗原さん宅にちょいとお邪魔させてもらい、

 結局わたしひとりがずっと飲んでました。

 あー楽しかったけど、はしゃいでしゃべりすぎてたらごめんなさい。

 と、後でときどき反省。

 この場を借りて、

 いつも酔っぱらってスンマセン。

2011年12月25日日曜日

イブの夜中の出来事



 クリスマスイブの夜中、

 トイレに起きると、

 わたしの枕元になにやら置いてある。

 
 もしかして、夫からの贈り物!?

 なんだよう、珍しくてうれしいなあ。それじゃあわたしも、用意しといたムコハン用のプレゼント、枕元に置いとこう♡

 と、半分寝ぼけながらも息子のと夫のをそれぞれセットして、

 わたしの枕元のは翌朝のお楽しみ、ということで、わくわくしながらもう一度眠りについた。

 
 そして翌朝。

 さっそく息子(9才)はプレゼントをみつけておおはしゃぎ。

 やったー、サンタさんが来た〜!

 サインがしてあるよっ、クラッカーもなくなってる(←息子からサンタへの差し入れ)!!

 と、大興奮(そのクラッカーは私が食べたし、サインも私が筆記体でそれふうに書いた)。

 
 そんな息子をニヤニヤ眺めながら、

 さあて、わたしに届いたやつはなんだろう?

 と、夜中発見したやつを改めて見てみると、

 ん?

 それは、寝る前にわたしが脱いでくしゅっとなった自分の靴下の片方だった。


 そう、わたしは夜じゅう、

 その自分の脱ぎ散らかした靴下のことを、プレゼントだと思って、眠りながらわくわく過ごしたのだ。


 出た〜 おっちょこちょいの極み。


 なにはともあれ、ワクワクをありがとうね、靴下くん!

 

2011年12月21日水曜日

助産院ライブ




 
 助産院で歌ってきました。

 息子の出産のときにお世話になった松ヶ丘助産院で、毎年、夏と冬に呼んでくださる。


 赤ちゃんたくさんいた〜


 歌いながら、息子の小さい頃を思い出してちょっとウルっときたりした。


 赤ちゃんって、無条件に、愛だ。

2011年12月20日火曜日

湯たんぽくん



 この季節は、

 夜お布団に入ると、先に寝ている息子があったかくって、

 とてもしあわせ。


 ママの湯たんぽくん、

 と思う。

 
 それでこっちにたぐり寄せて、ぎゅう、とか、クンクン、とかすると、

 息子はモグモグ、ニャムニャム、と口を動かす。

 赤ちゃんのときみたいに。
 

 赤ちゃんってさ、眠ってても、ときどきお乳飲むようにチュクチュク口動かすんだよね。

 あれはかなりの"きゅーんポイント"だね。


 すっかり遠い記憶だけれども、

 あの甘やかな感触はきっとずっと忘れないな。

 

2011年12月14日水曜日

忘年会ライブ



 昨夜は、吉祥寺ハバナムーンで忘年会ライブでした。

 楽しかった〜

 
 集まったミュージシャンは、山本タカシくん(名サポートありがとう)、へきれきさん達、灰ちゃん、鈴木常吉さん、スーマーさん、潮音ちゃん、キセル弟くん。

 どこが終わりなのか分からない感じでいつまでも代わる代わる演奏してました。


 
 音楽と、お酒と、笑顔。

 最高だな。

 
 ハバナムーンありがとう。

 集まってくださった方々、ありがとう。
 

2011年12月3日土曜日


  
 深緑の、美しい海の夢をみていた。
 

 起きると、

 隣りで寝ていた息子も起きて、

 「ボク、川でかわうそを釣ったよ。ニジマスも。」

 「かわうそはその後うちで飼ったんだよ。すごーくかわいかった。」

 と今みていた夢を話してくれた。


 わたしはその頃海を見ていて、

 息子は川でかわうそを釣り上げていた。


 同じお布団の中で、

 すいぶんと違う世界にいたのだねえ、

 でもお互い水のそばにはいたのだねえ、

 と、不思議な気持ち。
 
 
 川には、ラッコもいたそうだ。
  
 ラッコって、川にいるんだっけ?

 ラッコは流されないように昆布をからだに巻いて寝るのだよね、

 …コンブは海だよね?

 
 そんな感じで、寝起きのわたしのぼんやりした頭では、ラッコが川にいるのだかどうだか、うまく答えが出せなかった。


 ともかく彼の夢の中の川には、ラッコと、かわうそと、ニジマスがいたのだ。


 
 

2011年11月29日火曜日

ハズレモーニング


 わたしは「モーニングセット」が好きで、

 良さそうなお店にいつもアンテナをめぐらせている。

 (500円以内で厚切りトーストとコーヒーと、卵とかサラダとかちょっとしたものが付くようなのがいい)


 この間武蔵境を探検したときに、トースト、コーヒー、サラダ、スクランブルエッグで490円、という理想的なのをみつけたので、

 今日試しに行ってみた。


 モーニングを注文してしばらくすると、

 カウンターの向こうから、

 ガリ、ガリ、ガリ、

 と不審な音が聞こえてくる。

 明らかに、トーストのコゲをこさぐ(九州弁。削り取るという意味。)音だ。

 ガリ、ガリ、ガリ、はしばらく続く。


 えー、それまさか、お客に出さんよね?

 出さんでくれよ、

 と祈っていたら、

 まさにその、角の部分がけっこう削られたトーストが我がテーブルに。

 コゲを削ってたの聞こえてたよ、と心で言ったが、

 店員さんには伝わらず。


 まあいいや、と思ってかじると、

 ぬるい。

 コゲを長々と削ってる間に、冷めちまったのだ。

 ああ。


 そしてコーヒーは、最初はちょうどいい温度だったが、

 カップが浅くふちが広く、

 みるみる間にこちらも冷めた。


 ああ。


 残念だが仕方ない。


 ハズレもあるさ。


 
 そういえばコーヒーといえば、

 昔アナマキと一緒にツアーをまわったときに、

 アナムがコーヒーカップをソーサーに戻さないでテーブルにそのまま置くのを見て衝撃を受けた。

 驚いたけど、それ、自分で実際にやってみるとすごくいい。

 ソーサーに戻そうとするとそこに意識を向けなければならないが、

 ソーサーの外のどこでも置いていい、と思うとすごく自由な気持ちになる。

 アナムのを見て以来、わたしは結構、カップをついついソーサーの外に置いてしまう。

 
 自由な気持ち、といえば、

 昔、水森亜土さんにすごくお世話になっていた時期に、

 彼女はいつもソックス左右ぜんぜん違うものを履いていて、

 わたしにくれるソックスももちろん互い違いのやつばかりで、

 これも衝撃だった。

 右ひだり違うソックスでもいい、と思うだけで、自由だ。

 (彼女はおしゃれで互い違いを履いていたのだが)


 あ、話が脱線した。
 
 

2011年11月26日土曜日

イタズラ

 
 数日前にふと思いつき、

 夫のズボンのポケットに洗濯バサミをしのばせてみた。

 それだけでもうおかしくて、

 まだバレてないのに夫の前で吹き出してしまい、

 そしてイタズラ心に火がついてしまった。

 
 上着のチャックにファンシーなキーホルダーを付けておく、とか、

 ジャケットの小さなポケットに無理矢理ぬいぐるみを押し込んでおく、とか、

 お財布にガンダムカード(カイシデンのやつ)をそれとなく入れておく、とか、

 もうそれを思いついただけでゲラゲラ笑ってしまうほどわたしは楽しかったのだが、


 調子に乗って連続でやってると、

 夫に、もうおもしろくない、と言われ、

 ガックシ。

 
 イタズラ強化ウィークはあっけなく幕を閉じました。

 また忘れたころに!

  
 

2011年11月25日金曜日

夜の公園

 
 夕飯の後(我が家の夕飯はたいてい18時半くらいに終わる)、息子(9才)が夜の探検に行こう、と言い出して、

 ふたりで懐中電灯と棒を持って夜の森に繰り出した(と言っても家のすぐそばの公園にでかけただけなのだが)。


 夜の公園は、いつもとは別の感じで楽しい。

 夜のすべり台を滑り落ちる感じは格別。


 持っていた棒で地面に思い切り大きな迷路を描いたり。

 
 息子が満足して、ぼくもう帰る、と言い出すまで遊んだ。


 寒かったけど、

 たぶん息子とこんなふうにわいわい遊べる時間はこの先そんなに多くはないだろう。


 こういう時間を大事にしたいと、心から思うのです。



 帰りにコンビニエンスストアに寄って、何か好きな物100円まで買っていいよ、と言ったら、彼は10円のお菓子をみっつ選んだ。


 30円。


 昭和なやつだ。

 
 

2011年11月24日木曜日

いちょうの黄色と空の青

 


 今日は武蔵境の方へふらふらと探検。

 いちょうと空がすごくきれいだった。

 

2011年11月22日火曜日

再構築

 
 最近は、自分をみつめなおす期間に突入しているようです。


 哀しみの扉が開いてしまってすごく泣いたり、

 美しい雲や夕日や朝に心奪われたり、

 小さくしあわせな気持ちに満たされたり、

 また哀しみがぶり返したり。


 かけがえのないものや、

 自分の中のもう必要ないもの、

 そういうのを、

 ぜんぶ目の前にひっくりかえしてみつめなおす、

 そういう時期みたいです。


 こういうのを乗り越えて、
 
 次の段階に行こうとしているみたい。


 このままの自分ではもうこの先には進めないらしい。


 もがいてるけど、

 わるくない、

 と思う。



 

2011年11月12日土曜日

leteでマキちゃんと。

 
 金曜日の本夛マキちゃんとのライブ@lete、どうもありがとうございました!


 マキちゃんはギターがすごく上手いし、あと声の質も合うし(プラスとってもいい人だしね)、一緒にやっててほんとに楽しい。


 でもマキちゃんの出番の後にギターを弾き語るのは、できれば避けたい。

 あんなに上手に弾けないんだよぅ。

 と言ってかなりごねたんだけれども(大人げなく)、

 マキちゃんの説得で今回は腹をくくって、2番手で歌うことに(笑)。


 新曲をたくさん歌いました。


 あと、ふたりの合唱コーナー。

 声がきれいに重なる感じがすごーく気持ち良い。


 そのままふたりでどこかへ旅に出てしまいたいくらいにね。


 マキちゃんのステージはもちろんのこと、遊びに来てくれた河村さんとのセッションもかっこよかったな!


photo by mikachan,thank you!



 ライブ後はleteでしばらくわいわいしゃべって、

 帰りに吉祥寺のハバナへ。

 
 レヨナとギターのタカシくんがいたので、

 深夜までしゃべったり歌ったり、また盛り上がってしまった。


 気がつくと、

 また朝でした。


 帰りの秋晴れが、しみた〜

 

2011年11月8日火曜日

ハモらナイト

 
 昨日は、本夛マキちゃんが11日leteライブ用の音合わせに家まで来てくれました。


 ハモれるのが超うれしくて、

 ライブで歌いそうにない曲まで、

 ハモって遊んでしまったよ。

 しまいには息子や夫まで巻き込んで輪唱。


 息子もとても楽しかったようで、
 
 今日は朝から輪唱に付き合わされ、

 その後も夕方のお風呂の中、夕飯後と、

 合唱できる曲を教えて増やしつつ、ひたすらハモる。

 勢いがついて実家にまで電話をかけて、電話口でハモる。


 きれいに声が重なったときに、

 息子が「きもちい〜!」

 とほんとにうれしそうに言ったので、

 きっとコヤツもハモラーになるな、

 とひそかに思ったのでした。


 
 今週の金曜日は、マキちゃんとleteでツーマンです。

 ハモります笑。


 ***

2011年11月11日(金)下北沢lete


「満月にうたlete」


出演 イノトモ / 本夛マキ


Open 19:00/ Start 20:00

Charge 予約 ¥2,500 drink / 当日 ¥2,800 drink


ご予約、お問い合わせはleteにお願いいたします。


lete

http://www.l-ete.jp/


***



 

2011年11月1日火曜日

関西ツアー(3日分)

 
 2011年10月28日(金)


 大阪なんばの絵本カフェholoholoへ。
 

 新幹線でまずいきなり乗る車両を間違え、

 間違いに気付いて指定の車両に移動し、

 席の番号を確認して、

 窓側席に、よし、

 と座った。


 次の横浜駅で乗って来た女性がわたしの席に座りたそうにしている。

 あ、わたしうろちょろするので良かったら窓側どうぞ、

 と親切心で席をゆずったら、

 そこはわたしの席です、と言われた。

 あ、そうなんだ、よくわからんけど間違えちゃったのかな、えへへ、

 と、奥に女性を通して、通路側に。

 
 しばらく進んだところで、

 でもきっぷには窓側の席が指定されてあったような気がするなあ、

 と思ってもう一度良く見てみると、

 わたしが座ってたのは3番で、

 指定は13番だった。


 女性は間違いなく自分の席を目指していて、

 そこにおっちょこちょいのわたくしが我が物顔で座っていたというわけなのだ。

 
 このまま黙って隣りに座っていても良いが、

 もしかしたら本来の13番は2席とも空いたままで、

 のびのびと座って行けるかもしれない。


 そう思って、

 となりの女性に、

 すみません、わたし13番でした、てへ!

 と、頭をかきかき車両内を移動。

 
 けれども13番の通路側の席にはすでにオジサマが。

 この狭い二席に、オジサマと隣り合わせかあ、

 しかも線香なんだか香水なんだか、

 匂いがつらいなあ、

 おまけにオジサマがおもむろにお弁当を広げたので、

 香りと弁当の匂いとで、

 だいぶキツいことに。

 あのまま黙って女性の横に座ってれば良かった、

 と後悔しつつの行程となった。



 そして大阪に到着。


 絵本カフェholoholoは、そのお店の人たち同様とてもやさしい雰囲気のお店で、

 はじめましてなのにとても居心地良く歌わせていただきました。


 オーナーの息子さん(小2)が、帰りにお客さんにクッキーを渡す仕事をしっかりお手伝いしてくれました。 

 帰り際に、飴ちゃんセットやクッキーのお土産までいただき、ほんとに良くしてもらっちゃった。


 どうもありがとう〜

 大阪の好きなお店がまたひとつ増えました。

 紹介してくれたジャージくんありがとう!

 
 
 2011年10月29日(土)

 
 京都のsole cafe へ。

 午後にギターのカンちゃん宅で、バイオリンのあこやんも含め3人で音合わせ。


 カンちゃんの淹れてくれた美味しいコーヒーと、

 愛犬ハチと、


 カンちゃんが自転車でひとっ走りして買って来てくれた阿闍梨餅と、ルイボスティーで、

 至福の午後。

 音合わせもばっちり。

 さすがのふたり〜


 sole cafeではいつもの村田さん夫妻がにこにこ待っていてくれて、

 そしてサポートふたりの演奏がすばらしくって、

 めっちゃテンションあがった〜

 翌日はまたひとり演奏かあ、大丈夫かな、とヘこみそうになるほど楽しかった(笑)。


 演奏後は、いつもの超美味しいスパゲティをわいわい頂いて、



 村田さんに駅まで送っていただいて(村田さんありがとう!そして手を振るオクサンのかわいいこと!)、

 あこやん宅に。


 ちょびちょび飲みながら、ちょびちょび話した。
 
 そしてあこやん手作りのかわいいイヤリングを購入(超まけてもらった上に、もうひとつオマケしてくれた!)。



 
 翌朝は、

 梅番茶、手作りパン、手作りジャム、酢大豆、丁寧コーヒー。

 どれもじっくり美味しくて沁みた〜

 あこやんありがとう、ラブ♡

 

 2011年11月30日(日)


 兵庫 川西の「うどん屋の二階」。


 そぼ降る雨の中、絹延橋駅からすぐのうどん屋さん「絹延橋うどん研究所」へ。

 以前、「保育所の3階ライブ」を企画してくれた永尾さんが愛を込めて始めた、

 うどん屋さんと音楽のお店。


 数年前に呼んで頂いたときにはまだうどん屋さんは構想中で、

 今年の年賀状で開店を知ったときに「わあ、ほんとに実現したんだ〜」と驚いたんだけれど、

 実際のお店に出会ってみると、

 すごくおしゃれで立派で、改めて感動。


 2階のライブ会場の大きな窓からは、山と、川べりの遊歩道と、車が行き交う様子が見え、

 その上、旅のミュージシャンにはかなりうれしい、ちょっとした畳のスペースと、布団が何組も用意されている。ぴかぴかのお風呂も!


 ライブは、前日の強力サポートのふたりがいない分、今度は会場のお客さんたちががっちりサポートしてくれて、

 イノトモライブ史上初の、お客さんたち全員ガッツリ参加の大合唱となりました。

 感無量…。


 ライブ後、お店のみなさんと美味しいおうどんや野菜やおでん等をわいわい頂いて、


 みんなすごく和気あいあいで、


 にこにこの永尾さんの、うどんへの愛、音楽への愛にみんなが共感して集まって、

 こういう気持ちの良い場所になるのだなあ、

 と、感じ入りながら楽しませてもらいました。


 そのまま泊まらせてもらって、

 翌朝はまた美味しいおうどん!

 朝の光の中で。




 
 さいこうでした。
 

 3日間、関わってくれたみなさん、集まってくれたお客さんたちのおかげでほんとにいい旅でした。


 たくさんたくさん、ありがとう!!
 
 
 追伸:帰りの新幹線は、指定席に惑わされないよう、最初から自由席に座りました(笑)。

 

2011年10月20日木曜日

下北沢コンサート

 
 曽我部くんが月イチでやってるイベント「下北沢コンサート」に参加させてもらいました。


 曽我部くんの歌ぢから、はんぱネかった。

 ぐあーっと、

 ぶ厚くて、深くて、

 愛全開だった。

 とにかくすごいステージだった。

 さすがだなあ


 そして、はじめてみたスカートさんは、

 曲がとにかくかっこよかった

 新世代なかんじだった

 若いのにすごいなあ、

 いや若いからすごいのか

 これからどんなことになるのか

 とにかくとても良かった


 そして直枝さん。

 声が最高にかっこいい〜

 しぼりだすような

 わきあがるような

 大人の熟練…

 とてもすばらしいステージでした。

 
 わたくしはというと、

 このすばらしい方々の中で歌えるということが最高にしあわせで、

 ステージにもう最初から音楽の神様がいるようで、

 その場の空気に安心して身をまかせて、

 その時間を心から味わいながら歌わせてもらいました。

 曽我部くんも一曲参加してくれました。


 ほんとにいい時間だったな。


 いいものをつくる人たちと過ごしていると、

 自分の感じが自然と上がるのが分かる。


 そうして、

 わたしももっとがんばろう、

 と思ったりするのです


 曽我部くん、マネージャーのこんのさん、スカートさん、直枝さん、440の方々、集まってくださった方々、どうもありがとうございました!


 しあわせな下北沢の夜でした。
 
  

2011年10月19日水曜日

明日

 

 
 明日(20日木曜日)は、

 曽我部くんのイベント「下北沢コンサート」に出演させてもらいます。


 曽我部くんは、わたしが尊敬するアーティストです。

 昔からすごいなあと思っていたけれど、

 そのまま、こんにちまでずっとすごい。

 人間的にも音楽的にもとにかく魅力的。


 そんな彼に誘っていただき、

 ほんとにわくわくしてます。


 共演は、曽我部くんの他、カーネーションの直枝さん、スカートさん。

 わおー。

 明日はぜひ下北沢へ!

 *********************

2011年10月20日(木)下北沢 440(four forty)

<曽我部恵一 presents "shimokitazawa concert" 第十夜・十月>

出演 直枝政広 (カーネーション) イノトモ スカート 曽我部恵一

時間 open 19:00 / start 19:30
料金 前売 ¥2,800 当日 ¥3,000(1order別)

チケット
・9/16(金)~ 440店頭販売開始
・9/19(月)~ ROSE メール予約( ticket@rose-records.jp ) 開始
※日付・会場・お名前・住所・電話番号・枚数をご明記ください。 返信メールをもって予約完了とさせて頂きます。

※お問い合わせは440 (four forty)にお願いいたします。
440 (four forty)
〒155-0032
東京都世田谷区代沢5-29-15SYビル1F03-3422-9440[4PM-]

 *********************
 

2011年10月16日日曜日

弾き語り教室

 


 かんたん弾き語り教室@lete 2日れんちゃん、無事終了。

 別チームを2日連続なので、

 そのぶんの曲数を、生徒さんたちの顔を思い浮かべながら用意する。


 リクエストも取り入れつつ曲を決めてコード譜を作るのだけど、

 キャロルキングやビートルズなど、
 
 コード譜を作りながら自分で弾き語ってるとどんどん楽しくなっちゃって、

 部屋で何日もその曲を弾き語っちゃってたりする。
 
 そうして、「かんたん弾き語り教室」の名にかけて、

 いかにかんたんに楽しく弾けるように導けるか、

 を大事にしながらコードの押さえ方を考えていく(基本わたしが簡単なのしか弾けないのですが…)。


 たとえばキャロルキングのピアノの美しい和音を

 ギターでちゃんと違和感なく(ただのAではなく、9の音がぜったい入ってる、とか)、

 かつシンプルにやろうとしてたり

 してます。

 (ギター番長の夫にかなり質問してますが…)

 
 そうしてぴったり合う感じのかんたんな押さえ方をみつけると、

 うれしくてしばらくはそればかりを弾き続けている、という具合。

 
 そんな感じで、悩みながらも楽しく続いております、弾き語り教室。

 
 生徒さんたちにもずいぶん助けられています。

 
 どうもありがとうございます!
 


2枚のポラロイド写真はtani_tckさんより。ありがとう!

2011年10月13日木曜日

またハバナ

 
 昨夜はバンバンバザール@ハバナムーンでした。

 ケンザブローさんの日に深夜まで飲んで翌日つらかったので、

 今回は気をひきしめて(笑)。


 バンバン、相変わらずのさすがの演奏でした。



 楽しかった〜

 吉祥寺で、しかもハバナでやってくれるなんてうれしいな。

 演奏後も楽しく飲んで、
 
 でもちゃんと気を引き締めてたので(笑)、

 2時頃にはお店を後にした。

 おとなしく帰ると、翌日がまったく楽だ〜

 これぞ大人の飲み方。

 (といいつつ、何ヶ月かに一回は後先考えず楽しんじゃうんだけど!)

 

2011年10月8日土曜日

ハバナでケンザブローさん

 
 ハバナムーンで石原ケンザブローさんのライブでした。

 セクシーな歌とギターと、久留米弁の混じったMC、さいこーだな。

 ロッキンエノッキーさんとレヨナも来て、

 深夜まで盛り上がった〜



 ハバナの木下さん、

 いつもありがとう〜

 ほんとミュージシャンにあったかいお店だよ。

 いつか恩返しせねば。
 

2011年10月3日月曜日

たまプラーザライブ→野球→BBQ


 初のたまプラーザでのライブ、どうもありがとうございました!

 はじめてのお店でしたがみなさんとてもあったかく、

 のびのびと楽しく歌わせていただきました。

 ライブ終了後もすこぶる楽しく、

 後ろ髪引かれつつも終電前にはお店を後にしました。

 楽しい時間は早く過ぎるけれど、

 帰りは遠かったな。

 ぜんぶ各駅だったからな。

 たぶん1時頃に帰宅、2時頃就寝。


 そして翌朝は息子の野球チームの試合の応援。

 そのままチーム総出のバーベキュー大会に突入。

 お昼前から夕方まで飲み、

 夜、お布団を敷いている途中で計らずもばったりと寝てしまった。

 体力の限界でした。

 
 わたしのライブはわりに静かなものですが、

 本人的には内側でかなりのパワーを使っています。

 そして行き帰りの荷物や、

 あと翌日を気にせず飲んじゃったりするのも自分を消耗させてしまっているのだけれど、

 とにかく、

 ライブ翌日の、睡眠不足の中での早起きアクティブ行動は、

 つらいですね。

 2日後の今日ももうすでに19時頃から眠いです。

 大人だからまだ無理矢理起きてますが、もう限界…(21時現在)。

 おやすみなさい。

 明日はたぶん完全復活してます。

  

2011年9月27日火曜日

競争


 競争が苦手なのは子どもの頃からで、

 まず短距離走は、パン!というピストルの音と、それに伴う瞬発力と全力疾走の雰囲気が心の底から苦手で、

 もし選べるならば"障害物競走"など、なんか網くぐったりハードル飛んだり指定の人を探しに行ったりする、気がほぐれるやつの方がだんぜん良かった。

 というか、できるだけそういう類いから遠ざかりたいために「放送係」とかに逃避したかった。競争せずに放送だけしていたかった。

 ちなみに、ドッヂボールもかなり避けたい授業だった。

 ボールで誰かを狙い打つなんて。

 そして打たれるなんて。

 打たれるのが怖くて逃げまどい、

 結局最終的に一番狙われるひとりになってしまう恐怖も、何度か苦々しく味わった。


 そして当然、"頭脳的な競争"にももちろん弱く、

 小学六年生の頃に親が私立女子校にわたしを入れるために通わせた"能開ゼミ夏期講習"もわたしにはかなり合っていなかったし(でも気付かずおとなしく通っていた)、

 その後の模擬試験なども、ボンヤリキャラのわたくしにはとても場違いだった。

 けれどもそれにも気付かないほどのぼんやりぶり。

 そして最終的に、胃けいれんをおこした。

 本人が気付かないので、身体がSOS信号を出したのだ。
 

 胃けいれんを起こして吐いて入院してはじめて、

 親も子も、「これはほんとうに無理だ」、と気付いたのだ。

 それくらい、無理なのだ。

 
 そんなわたくしが、生き馬の目を抜く(古い表現?)東京シティ(これも古い)でのんびりと暮らしている。

 競争はナシに。

 歌だけで。

 まわりはみんなやさしいし。


 たぶん大人になれば、

 自分の好きな環境を自然と選べるのだろう。

 いや、こどもの頃の経験も、たぶん必要だったのだろう。

 ほんとうに自分に合った環境を自分で選ぶために。


 結局はどんな体験も、"あり"なのだね。

 

2011年9月25日日曜日

少年野球→ギター教室

 

 息子の少年野球チームの試合を応援しに行った(息子は始めたばかりでまだ試合には出られないけど)。


 少年野球、見ていて心が大変。

 息子のチームの応援はもちろんだけれど、

 相手チームの子たちも、おんなじくらいの少年たち。

 試合をしてる子たち全員を応援してしまうので、

 勝ちとか負けとか、

 そういうのがつらい。

 エラーとかヒットとか好プレーとか三振とかそういうの両チーム分、

 両方の視点で感じてしまって心がたいへん。

 あ、高校野球とかもわりにそうだな。ほとんど見ないけど。


 これで息子が試合に出たりしたらもっと胃が痛いんだろうなあ、

 と、

 競争とかがもっぱら苦手なわたくしは思うのでした。

 はあ。

 でもみんなみんながんばってて素敵でした。


 そんな大変な心の動きのあと、

 午後はleteで本日スタート(3クール目Bチーム)の弾き語り教室。

 今回のチームもまた違うバイブレーションを感じます。

 これからが楽しみ(プレッシャーも大きいのだけれど…)。

 わたしもがんばります。

 

2011年9月20日火曜日

勝手にウッドストック2011

 


 勝手にウッドストック。

 今年もさいこうだった。

 なんていいイベントなんだろ。

 出演者の人たちも、お客さんも、お店の人たちも、スタッフの人たちも、みんな近い。

 
 わたしのステージでは、

 ギターの塚本くんと、ピアニカ前田さんに手伝ってもらいました。

 ふたりともさすがの素晴らしい演奏。いつもありがとうです、ほんと。


 夏の終わりの歌をつくったので、それも歌いました。

 まだせみたちは鳴いていて、

 空は青くて、

 みんな笑っていて、

 じーんとしてしまった。


 ステージ後は、あとはもう飲んで笑って踊って、

 いつものように満喫。


 途中、ワインをごちそうしてくれた人たち、どうもありがとう!!
 (ハッチェルさん先導のもとにお邪魔させてもらいました)


 友部さんと少しだけゆっくりお話できたのも良かった。

 友部さんって、ほんとうにきれいな目をしている。

 
 ほかにも、たくさんの人たちとしゃべり、笑い、音楽に浸り、最高に楽しい時間でした。


 こんな空間を作り出してくれているバンバンバザールはじめスタッフの方々に感謝。

 みんなを笑顔にするための縁の下の仕事は、ほんとに大変だと思います。

 お疲れさまです。

 天国をつくる人たちですね。



 音楽や笑顔や喜びのパワーは、

 イベントが終わったあとにもまだつながっていて、

 みんながそれぞれの場所に持ち帰って、

 そしていつしかそこらじゅうを明るく満たしていくエネルギーになる。

 そうして世の中がまあるく幸せになっていくといいですね。


 どうもありがとう!

 

2011年9月14日水曜日

どんぐり舎

 
 
 西荻窪の、わたしの好きな喫茶店。

 コーヒーが美味しい。

 居心地が良い。


 帰りにいつも、誰かにあげる用と自宅用に、コーヒー豆を買って帰る。

 黒くてつやつやしてて、美しくて、いい匂いがする。
 
 

2011年9月13日火曜日

空に落っこちる

 
 夕飯後のお月見二日目。

 昨日原っぱに寝っころがって草がちくちく痛かったので、

 今日は敷物持参。
 

 昨日のおだんごやさんは、今日はもう売り切れだった。

 
 広い原っぱで、息子とごろんと仰向けになって夜空を眺める。

 風がそよそよ通りぬけてゆく。
 
 お月さまはまだ昇ったばかりで、仰向けだと視界には入らない。

 空にはほそぼそとした星と、ハケでさーっと塗ったような薄い雲が少し。


 息子は、

 「空に落っこちそうでこわい」

 と言う。

 昼の空も夜の空も、

 ごろんと仰向けで見ると、

 落っこちそうでこわいのだそうだ。

 彼に言わせれば、とくに昼。

 追いかけっこなどで転がったときなどに感じるそう。

 知らなかった(大人は追いかけっこでひっくり返ったりはしない笑)。

 
 そう言われて、仰向けのまま改めて夜空を眺めると、

 地球に背中をくっつけて、

 宇宙を見下ろしているような気持ちになった。

 
 なるほど、ふうん!


 空に落っこちそう。


 わたしはそのまま寝転がったり月を見たりして過ごし、

 息子は夜の原っぱをぐるぐると走り回っていた。

 
 お月見満喫。

 
 

2011年9月12日月曜日

まるくてやわらかくてあったかい

 
 夕飯後、息子とふたりで近くの広い公園にお月見に。


 通りすがりの小さな和菓子屋さんがまだ開いていて、

 80円のしょうゆだんごを2本買うことにした。

 お財布を開けると、一万円札しか入っていない。

 「大きいのしかないのでスーパーで買い物してくずしてきますね」と言うと、

 お店のおじさんは、

 「お代は明日でいーよー」

 と、通りすがりのまったく見ず知らずのわたしに、おだんごを2本包んで渡してくれた。

 昭和的(笑)。

 
 ありがたく受け取って、もちろんすぐにスーパーへ行き、

 買い物して小銭をつくって、代金を渡しに戻った。


 そしてお礼の意も込めて、

 一本だけ残っていたしょうゆだんごももらうことにしたら、

 さらにもう一本、あんこだんごをおまけしてくれた。

 親切すぎる。


 公園で、まんまるい月の光をたくさん浴びて、

 おだんごをいただいた。
 

 とてもやわらかくて美味しいおだんごだった。
 

 まるくてやわらかくてあったかいきもち。

 

2011年9月9日金曜日

散歩

 
 少し過ごしやすくなったので、

 朝の散歩再開。


 早朝、わー過ごしやすい、秋てき〜、と思って、

 いそいで家の仕事を片付けて歩きに出ようとすると、もう10時くらい。

 この時間になると9月の太陽はまだ力強い。

 過ごしやすさは早朝だけのよう。


 でももう散歩モードなので、

 無理矢理出る。

 
 井の頭公園は、ぐるりとまわるのにちょうど良い。


 へとへとにならない程度に歩けて、

 そして、詩的。


 歩きながら、

 いろんなことばが通り過ぎてゆく。

 書き留めるかどうかは、

 あとでコーヒーを飲みながら。


 コーヒーを飲む場所は、

 公園のベンチとか、

 公園入り口のアイスクリーム屋さんとか、

 またその近くのスターバックスのオープンテラスとか、

 その日によって違うんだけれども、


 少し時間を間違うと(お昼くらいになっちゃうと)、

 スタバのオープンテラスは、

 いせやのもくもくの煙りと、

 となりのチチカカのお香漂う、

 なんともいえない空間となることが判明。

 
 おー。


 やはりもっと早めに行動しよう。

 
 でも、それぞれの時間帯、

 それぞれに、通り過ぎる人を見るのはおもしろい。
 

2011年9月7日水曜日

ハナレグム

 

 本日発売のハナレグミnew album「オアシス」に、児玉奈央ちゃんとイノトモで4曲コーラス参加させてもらいました。


 タカシくんと最初に会ったのは、たぶん、CMの仕事(タカシくんとイノトモの2バージョンだった)で、台詞を録音する際にスタジオですれ違ったときなのですが、

 そのときわたしはお腹がおっきくて、すれ違うときに、

 「良い子を産んでね~」

 てきなことばをかけてもらった。


 そんなことたぶん彼は覚えてなくて、

 でもわたしはハナレグミ(だったかスーパーバタードッグだったか)が好きだったのでうれしくて、

 わーい、良い子を産むよ~、

 とほくほく思ってました。


 それからたぶん数年、

 イノトモのアルバムもプロデュースしてくれた惣一朗さんのつながりで、いつしかつながったような気がします。


 そうして、国立での彼のひそやかなライブや、吉祥寺での幻の"ただの飲み会"(わたしと佐野史郎さん主催)などでの交流がありつつ、

 普段はとくにふんだんなやりとりはないのだけれど(わたしは日常によく彼のアルバムを聴いていますが)、

 今回、新しいアルバムの録音に呼んでもらって、純粋にとてもうれしかった。


 録音は、タカシくん(たち)の手作りスタジオ。

 エンジニアは、イノトモのアルバムも一緒に作ってくれたナカムラヒゲくん。

 ディレクターは、くるりの時にお世話になった高橋太郎さん。

 そして、一緒に歌った、はじめましての児玉奈央ちゃん。

 わおー。

 めっちゃ楽しかったです。


 タカシくんには、全身からあふれる歌とリズムと魂があるのです。


 そばで彼の生歌を聴くといつも思うけれど、

 声が、すごい。

 全身が共鳴して、ぶあーっとなる。


 わたしの尊敬する音楽家のひとりです。


 ハナレグミ。

 ハナレグむ。

 ハナレグめば。

 ハナレグもう。


 なんつて


2011年9月3日土曜日

三鷹でライブ

 
 三鷹のバイユーゲイトで、中野督夫さんのライブにゲスト参加させていただきました。

photo by /蒔田さん thank you!


 督夫さんは大先輩なのに、

 いつも気さくで楽しく、

 会うとうれしくなる。

 
 ライブもとてもおもしろくかっこよかった〜

 
 ライブ後、督夫さんのお知り合いの人形師のミネチャンが似顔絵を描いてくれました。


とくおさん、イノトモ、店長上田さん
 
 みなさんと楽しく飲んでしゃべって帰りました(深酒はしませんでした笑)。
  
 

2011年9月1日木曜日

ふにゃふにゃ

 
 息子(9才)に、

 「ママと結婚して〜」

 と冗談で言ったら、

 即、断られた。
 

 「ボクは、ママみたいな頭ふにゃふにゃじゃなくて、頭の良い人と結婚する」

 と。


 頭ふにゃふにゃ…

 ママってそんなにフニャフニャかい…?

 

2011年8月31日水曜日

葉山hana

 
 バンバンのフクシマくんと、

 葉山の美容院hanaで歌いました。


 子どもが歌い、踊り、

 大人も歌い、

 みんな笑って、

 とても楽しい夜でした。

 
 しあわせって、

 そういうかんじ。

 
 フクシマくん、hanaのみなさん、集まってくださったお客さんたち、

 ほんとにどうもありがとうございました!

 
 そして帰りにふらりと寄った飲み屋さんで、

 超偶然に劇団時代の先輩と驚きの再会(先輩は今も在籍、活躍中)。

 先輩が飲んでる席に移動して、

 昔話とか今の話とかして、

 最後にはすっかりごちそうになってしまった。

 会えてうれしかった。

 劇団時代は、わたしにとってはかなり濃密な時間だったので。


 それにしても、

 在籍していた頃から16年は経つというのに、

 その変わらぬ美貌と、相変わらずさっぱりとした姉御肌に、脱帽。
  
 楽しく濃密な夜でした。

 

2011年8月28日日曜日

プチ福岡

 
 息子の夏休みの終わりに、

 福岡に行ってきました。


 行きたいところとか、

 連絡したい人とか、

 いろいろあったのだけれど、

 短い日程だったので、

 家族の用事だけでバタバタで帰ってきました。

 
 一日だけ、

 久山の川で遊びました。



 いいとこでした〜。

 グッバイ夏休み。

 

2011年8月22日月曜日

leteにて

 

 角森隆浩さんとのツーマンライブ、

 めっちゃ楽しかったです。

 本番の前後に角森さんとちらほらお話させてもらいましたが、

 ライブも超ごきげんな上に、ご本人も超おもしろ人物でした。

 このライブを組んでくれたleteまちのさんに感謝。

 セッションでは、

 角森さんのテンションに完全につられて同化し、

 ごきげんに歌い踊ってしまいました。

 これぞ、その場だけが生み出す空気感、という感じ。
 
 
 いやーまさしく楽しかったです!

 どうもありがとうございました♪

 
 

2011年8月13日土曜日

深大寺の夜

 
 深大寺ennui庵での「マジカルミステリーツアー」(宇宙的存在アルバートとのコラボ企画)、無事終了しました。

 ennui庵主催メグさんの美味しい料理と、アルバート(まるちゃん)のお話、わたしの歌、アルバートから参加者ひとりひとりにひとことコメント(おもしろかった!)、最後にメグさんのフラ。

 集まってくれたみなさんもとてもいい感じで、

 あったかくて親密な会になりました。

 途中、アルバートの話が一段落したところで、最高のタイミングの打ち上げ花火がどどんと!

 イッツミラクルだった笑。


 そしてennui庵は音の響きがとても良くって、
 
 歌もギターも生音で充分。

 歌っていてとても気持ち良かった。


 イノトモの歌を聴いてくれている人たちと、アルバートの話を共有できたのも良かった。

 それぞれ受け取り方は違うと思うけれど、

 きっとひとりひとりになにかのヒントはたくさんあったと思う(もちろんわたしにも!)。

 
 とてもいい夜でした。


 メグさん、まるちゃん、アルバート、集まってくださったみなさん、どうもありがとう。


 その後のアルバートからのメッセージがまるちゃんのブログに載っていたので、リンク貼りらせてもらいます。参加した方も、できなかった方も、良かったら見てみてくださいね。



 

2011年8月9日火曜日

川遊び

 
 
 秋川で川遊び。

 ゴーグルとシュノーケルをつけてただただ川に流されていると、

 川の一部になったような気がした。
 

 小さい魚がたくさんいて、

 さらさらと流されるわたしのすぐ下を、

 同じ速度で泳いでいた。

 
 夏はいいねえ。


 さて、あさって(11日)は、

 渋谷クラブクアトロにてチャリティイベントに参加させていただきます。

 3月に急遽行われたこのイベントで、

 わたしは音楽の力を再確認しました。

 みなさんぜひいらしてくださいね!

 *************

2011年 8月11日(木)・12日(金) 19:00開場/19​:30開演
会場:渋谷クラブクアトロ
*入場無料 (入場時に¥500-/1DRINK代のみ頂戴いたしま​す)

■参加ミュージシャン(予定)

8月11日(木) < ホスト: バンバンバザール>
友部正人 / 湯川トーベン / 今野英明 / イノトモ / 小野一穂/ サカモトトシユキ/ ピアニカ前田/ ALOHA...and more!!


8月12日(金) <ホスト: ポカスカジャン>
ロッキンエノッキー / HARCO / 宍戸留美/ カンザスシティバンド/ ハッチハッチェルバンド/ WADA MAMBO...and more!!


*参加ミュージシャンは都合により変更になる場合がござ​いますのでご了承下さい。
*当日は、フロアに直接座っていただくかたちとなります​。必要に応じて簡易椅子や座布団などをお持ちください。


発起人:福島康之(バンバンバザール) 
主催:有限会社パライット  協力:渋谷クラブクアトロ/ramblin'

 *************

 

2011年8月1日月曜日

十勝〜

 
 夏休みということで、

 北海道に行ってきました。
 


 北海道でしか見れない風景や空や雲に毎日息をのみ、

 馬に乗ったり、

 川で釣りをしたり、

 友人の牧場でのんびりしたり、

 野生のリスや鹿に会ったり、

 庭で七輪焼きをしたり、

 友人たちと騒いだり、

 
 超、満喫。


 
 十勝さいこう。


 いくつかの写真をfacebookにのせました。


 
 

2011年7月23日土曜日

マルディグラ

 

 昨日のマルディグラ、とっても楽しかったです。

 伊賀さん、安宅くん、いつもありがとう。

 サイコーでした。


 マルディグラの川村さん、呼んでくださりどうもありがとうございました。

 そして、集まってくれたお客さんたち、とってもいい笑顔でした。

 どうもありがとうございました!
  

2011年7月16日土曜日

もうモンちゃんはいない


 このあいだ、

 息子(9才)が、剣道(市の短期の習い事)に行くと出かけて、

 実は行かないで友だちと遊んでいたことが判明して、

 母としては嘘をつかれたことにけっこうショックを受ける、という出来事があった。
 

 でも、

 彼に嘘をつかせてしまったのは、

 わたしのやり方がもうまずいんだろう、

 いつのまにか彼をきゅうくつにさせてしまっていたのだろう、

 もう彼は、「わたしがただやみくもに守るべき小さきもの」ではないのだなあ、

 と、

 親としての方向転換をはっきりと考えさせられるきっかけになったできごとでもあった。


 そんな思いでいるときに、

 夫がわたしに、

 「もうモンちゃんはいないんだよ」

 と言った。


 "モンちゃん"というのは、

 息子が小さいころに、

 かわいくって呼んでいた愛称。

 モンちゃん、モグ、ムンちゃん、チャム、そういう、なんかかわいい気持ちのときに呼んじゃうやつ。

 小さきかわいい者へ、愛を込めて。

 
 けれどもそんなモンちゃんは、もういない。

 そんなこととっくに分かっているのに、

 はっきりとそう言われると、小さい頃の奎を思い出し、計らずも泣いてしまった。


 分かっているつもりだったのに。

 
 夫の方は何年も前に、ひと足さきにそれを痛感していて、

 もう奎(ケイ)は赤ちゃんじゃないんだなあ、と寂しがる様子を見ながら、

 奎はまだまだかわいいよう、小さきかわいい者だよう、

 と我ながら勝手に思っていた節がある。

 
 けれどもここに来て、
 
 9才のひとりの少年のいろいろな思いを、

 すごく大きな視点から見守ってあげなくてはいけないところに来たのだなあ、と感じている。


 彼が痛みを感じるなら、闇雲にそれを排除しようとするのではなく、

 その痛みを体験している彼をまるごとそっくり受け止める、というような。


 けれども母としてはどうしても、

 彼がどうか傷つくことのないように、

 困ったことが彼におきませんようにと願ってしまうし、

 実際なにかあれば、どうにかしてその困った現象を取り除こうとやっきになってしまう(当たり前だけれど)。


 でもそれはもしかしたら、彼の貴重な心の成長の機会を奪ってしまうことになるのかも知れない。


 すごくすごくムツカシイけれども、

 わたしはもう、

 少しずつ手を放してあげなければいけない。

 彼が彼の人生を、伸び伸びと生きるために。いいこともいやなことも全部ひっくるめて彼の体験なのだから。

 たとえ困ったことが起こったとしても、彼にはそれを乗り越えるたくましさがあるということを、全面的に信頼して。


 9才の彼にはまだまだたっぷりの愛情とお世話が必要だけれども、

 だからと言って自分の思うようにコントロールすべきではない。

 
 彼の選択を静かに見守りつつ、

 できる限りの愛情をそそぎ続ける。


 いろんなことにいちいち心をかき乱されつつも、

 彼をそのままそっくり受け止めながら見守って行けるよう、

 自分自身も成長しなくてはです。

 

 モンちゃんはもういない。

 けれどもすくすくと成長して、

 まだしばらくはわたしのそばで、かわいい寝顔でスヤスヤと眠ります。


 ありがとうね。


 母はもっと強くやさしく大きくなりたいです。

 

2011年7月12日火曜日

ゴーヤ

  
 今年もいい感じに育っております。


 まだまだ伸びるつもりらしく、

 今つたわせてるネットだけではフォローしきれなくなっている。
 


 
 そして実がひとつできているのだけれど、

 収穫の頃合いが今いち分からない。


 まだ大きくなるような気もするし、

 もう充分な気もする。
 

 ともあれ、

 夏〜!

 

 

2011年7月6日水曜日

アドレス変わりました!

 
 ドメイン消失でホームページをなくしておりましたが、

 やっと別アドレスにて復活しました。

 新しいアドレスは、


 です。

 みなさまにはご心配、ご迷惑をおかけしました。

 ズビバゼン。

 これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

 

2011年6月29日水曜日

10%寄付

 
 震災以降、

 なにかできないだろうかと日々考え、

 祈り、

 曲をつくり、

 歌い、

 そして、収入の10%をずっと寄付し続けている。

 寄付先は、その時々にうんと考えて、一番良いと思えるところに。


 自分ができる範囲で、

 長く続けられるやり方で。


 でもこの10%寄付というのが微妙にくせ者で、

 収入が極端に少ないときには、たった10%でも手放すときに非常に心もとない気がするし、

 逆に、急に収入が多かったときには、その10%の額にドキドキする。

 今後自分が窮地に陥ったときに、あの寄付したお金が今手元にあれば、と後悔することにならないだろうか、とか。

 基本的に収入が不安定な、サバイバルな暮らしぶりなもので、

 どっちにしても、怖じ気づく。


 でも、決めたのだ。

 だから、

 自分にゴリ押しで10%寄付を続けてみる。


 困ったときは、そのとき考えよう。

 
 そういうわけで、

 今月も、渾身の額と気持ちを、

 贈ります。

 

2011年6月28日火曜日

おもしろミーティング

 
 深大寺にて、

 占い師でennui庵(アンニュイアン)主催のメグさんと、

 チャネラーのまるちゃんと、

 おもしろミーティングしてきました。


 深大寺でおそばを食べて、ビールを飲んで、

 ennui庵までゆるゆる歩きながら、

 途中メグさんは葉っぱを拾ったり羽を拾ったり、

 3人で虫に気を取られてしばらく止まったり、

 そんな感じで時間をかけてennui庵について、

 まるちゃんがつくってきた梅酵素を飲んだり、

 またビールを飲んだり、
 
 シャンパンを開けたらぶわーとこぼれたり、

 歌を歌ったり、

 メグさんがフラを踊ったり、

 まじめに話を進めてみたり、

 アルバートが登場したり、

 そんな感じのミーティングでした。
 
 

 8月に、

 そんな3人で、気になるイベントやります。

 いろんな概念をとっぱらって、

 解き放って、

 本当の自分に出会えるような、

 本当に大切なものを再確認するような、

 そんなひとときになると思います。

 詳しくはまだ後ほど。
 

 お楽しみにです〜〜


 

2011年6月25日土曜日

lete

 
 昨日のleteライブ、どうもありがとうございました。

 心を込めて歌いました。

 途中、天使がそばにいるような気がしました。
 



 

2枚のポラロイド写真はtani_tckさんより。ありがとう!
 
 
 

2011年6月23日木曜日

明日はleteです

 
 ハバナムーンでキセルが歌うというので、

 お店のお手伝いがてら、聴きに行かせてもらった。


 カウンターの中で注文を聞いたり、

 生ビールを入れたり(うまくいれられるか毎回緊張)しながら、

 ライブをじっくり楽しませてもらった。


 キセルの曲はほんとにいいなあ。


 メロディやことばが淡々と美しく、静かに降り積もってくるので、

 聴いていて、どうしたって泣いてしまわずにはいられない。


 カウンターの中で、

 うう、

 いいなあ…

 と、ときおりうつむいていた。


 同じ時代に、こういう人たちと音楽でつながっていられることに、

 じんわりとありがたい気持ちになる。


 
 そして明日は、

 leteでワンマンです。

 そんな気持ちでじんわりと歌います。


 ****************

2011年6月24日(金)下北沢lete

弾き語りワンマンライブ

開場 19:30 / 開演 20:30
料金 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink

ご予約、お問合せはleteにお願いいたします。
lete
http://www.l-ete.jp/

 ****************
 

 お待ちしていますね。

 
 

2011年6月20日月曜日

眠る前のひととき

  
 ときにはいろんなことがもうなんでもかんでも面倒な気持ちになって、

 日々の奎(ケイ9才)とのやりとり(宿題、お風呂、ごはん、はみがき、寝る時間、等々、夕方から夜までにやることは多く、でも彼は遊びたいしマンガも読みたいしでどうしてもすんなりといかなくてもめる事も多い)、

 日々の雑事(掃除、食事の支度に後片付け、洗濯干しに洗濯たたみ、ゴミ出し、買い出し、その他数限りなく)、

 それに加えて自分の仕事がいくつか重なったりすると、いろいろ自分の中でうまく回らなくて、からだのバイオリズムによっては時にもう、音楽以外全部わーっと投げ出したい気持ちにもなったりもする。


 でも、夜の、奎が寝るときのたった10分くらいだけは、

 気持ちを全部奎に向けて、

 安らかに奎とともにありたい、と思う。

 どんなに気持ちがささくれていたとしても、どんなに気持ちがバタついていたとしても、その時間は、確実につくりたいと思う。

 眠る前に甘えたくなる奎は、

 きっと今だけだ。


 寝る前に毎晩読んであげてた絵本の時代は終わった。

 ならば眠る前におふとんでママにぎゅうっと抱きついてくるこのひとときも、

 たぶんあと数年。

 
 だから、この時間を大事にしようと思う。

 
 眠りについた奎はとても安らか。

 そしてその寝顔を見ながら、昼間のわたしの彼に対する態度をいつも振り返り、反省する。


 だから日々を後悔しないようにせめて、

 朝、彼が学校に出かけるときと、

 夜、彼が眠りにつく前には、

 最高にやさしくありたいと思う。

 彼が心から安心して学校や夢の世界を冒険できるように。


 はあ。

 わたしもまだまだ成長の過程です。

 
 奎、こんなわたしのそばにいてくれてありがとうね、

 と、寝顔を見ながらいつも思うのです。

 

2011年6月19日日曜日

ギター教室

 
 昨日今日と、ギター教室2連ちゃんでした。

 みなさん、それぞれ確実に上手になってるんですけど。

 こういうのってじんわりとうれしいものですね。

 
 もともと人に何かを説明したりするのは苦手な分野で、

 まあ感覚で〜 なんて適当な生き方をしてきたので、

 弾き方をどう伝えたらいいのか考えたり(結局伝え下手ですが)、

 事前に丹精込めて資料をつくったり、

 そういうのって、自分にとっては新たな分野だなあ、

 と、改めて感じています。

 まだまだ手探りですけれど。

 
 こういう機会を与えてくれたleteのまちのさん、

 集まってくれた生徒さんたち、

 どうもありがとうございます!

 

2011年6月16日木曜日

しあわせ

 
 昨日は渋谷BYGにてハッチハッチェルバンドと共演、

 今日はレコーディングでした。

 連日すばらしい音楽に満たされています。

 
 しあわせだあ。

 

2011年6月8日水曜日

歩く

 
 6月に入ってから毎日歩いています。

 晴れの日も雨の日も曇りの日も。

 途中、カフェでコーヒーを飲みながらノートをひろげ、

 言葉のかけらを集めたり、

 通り過ぎる人をボーっと眺めたり、

 揺れる樹々を眺めたり。


 そしてまた歩きます。


 歩くにはいい季節です。

 

2011年5月25日水曜日

サムズアップ

 
 横浜サムズアップで駒沢さん祭りでした。

 駒沢さんが紡ぎ出す音の魔法。

 素敵だったなあ。

 もちろん、克っちゃんや伊賀さんや飛び入り夏樹くんのすばらしい支えも含めてぜんぶ。
 
 そして共演のsachikoさんの歌も、良かったなあ。

 たたずまいからして、もう。

 こんないい歌作って素敵にさらりと歌う人、

 わたしが知らないだけで世の中にはまだまだたくさんいるのだなあ、

 と感じ入りながら聴き惚れていた。

 
 珍しくお酒も飲まずに早々に帰路についたが、

 家にたどりついたのは夜中の1時半過ぎ。

 横浜、遠いな…笑。
 
 でもとっても楽しい夜でした。

 どうもありがとう。

 

2011年5月24日火曜日

スクワット

 
 先日過労的な感じで動けなくなったので、

 朝晩、スクワットやることにしました。

 底力、

 つけます。


 普段のわたしの体温は36度6分くらいでかなり模範的なのだけれど、

 病院に運ばれたときに出た体温は35度5分。

 低体温だったか。

 そういえばこのところ忙しくてシャワーだけで済ませていたし、

 日課のしょうが紅茶(しょうがは干したのを常備)を飲むヒマもなかった。

 電車とかスタジオとかの冷房の影響もあり。

 いつのまにか身体が冷えていた模様。

 脱低体温。

 
 趣味の登山や、散歩(ウォーキング)が一番良いのだろうけどな。
 
 とりあえずはスクワットで!

 
 明日は横浜サムズで歌うよ〜。
  

2011年5月22日日曜日

ケーキ屋さんで歌いました

 
 浜松のケーキ屋さん「milou」に歌いに行きました。

 予想通り、というか、予想以上に良かった〜

 あたたかい空間と、人々の笑顔。

 いいお店だからこその、

 その空気感。
 

 ライブ終了後にお店の人たちと

 のんびりごはんを頂いたのだけれど、

 店主の鈴木さんと話せば話すほどそのお店の良さの理由が分かり、

 スタッフの人たちもみんなとっても感じが良くって、

 こんなふうに毎日仕事をしている人たちって、素敵だなあ、と思った。

 楽しかったなあ。

 行けて良かった、本当に。
 

ライブ終了後↑


 実は朝から微妙に体調がすぐれず、

 電車に乗ったはいいがどんどん具合が悪化して、

 電車に乗っていられなくなって四ツ谷駅で降り、

 事務室で横にならせてもらったが全然良くならず(動けないし声も出ない、メールさえ打てない)、

 急きょ病院へ行くというハプニングがあったもので。

 点滴とかしてもらったら元気になるかも、と期待していたのだが、

 点滴はされず、

 病院で横になりながらお医者さんとやりとりしていたらじわじわ回復して、

 結局なんの処方もされないまま、

 もとどおりギターを担いで歩けるまでになった。謎。

 
 そういうわけで、

 原因不明のまま体力は回復、

 そのまま浜松へ向かい、本番ぎりぎりに到着。

 たくさんのお客さんが待ってくれていて、

 そして予定通り歌うことができて、

 ほんとうに心から、なにかいろんなものに感謝した。

 
 自分の中にある、歌うことのできるこの力はなんだろう、

 と、歌っている間じゅう思っていた。


 数時間前に体験した、エネルギーの圧倒的な枯渇、

 というか、底をみちゃったというか、

 そういう感覚を生々しく覚えているだけに、

 不思議でしょうがなかった。

 
 生まれ変わったみたいに清々とした感じ。

 歌えるってすばらしい!


 milouの方々、ハラハラさせて申し訳ございませんでした!

 でもとっても楽しかったです。

 たくさん良くしていただき、本当にありがとうございました。

 集まってくださったお客さんたちも、

 どうもありがとうございました!


 また歌いに行きたいです♪
 

2011年5月21日土曜日

lete→茄子おやじ→あやちゃんち→リハ

 
 leteのギター教室の後、

 茄子おやじでいつもの美味しいカレーを食べて(店主の阿部さんにワインごちそうしてもらった〜)、

 バイオリンのあやちゃんち(もしくはドラムのてっちゃんち)にお邪魔してのんびりし、

 夜は駒沢さん祭りのリハーサル。


 ペダルスティールの巨匠駒沢さんと、

 すばらしいギター弾きの佐藤克っちゃんと、

 安心のベース伊賀さんと、

 楽しいセッションでした。

 短い時間にさすが!な感じでした。

 本番は来週。

 お楽しみにです!

 *******************

 5月25日(水)横浜サムズアップ

 "駒沢裕城&,,,Vol.2"

出演:駒沢裕城/佐藤克彦/伊賀航/sachiko/雅紀与/酒井杏/イノトモ 他

開場19:00/開演20:00
予約¥2500/当日¥3000

ご予約、お問合せはサムズアップにお願いいたします。
http://stovesyokohama.com/thumbs/

 *******************
 

2011年5月20日金曜日

虎茶屋さんランチ

 
 近所の虎茶屋さんというとてもいい感じのごはんやさんで、

 友人とゆっくりランチ。
 


 あまりに居心地がよく、

 かなり長居してしまった。

 料理もすべてとても美味しく、

 そして食後のまったりした時間の猫の来訪もうれしい。

 超満喫。


 明日は下北leteにてギター教室のあと、25日のサムズアップ用のリハーサル、

 そしてあさっては浜松に歌いに行きます。

 楽しい週末です。

*************
 
 2011年5月22日(日)浜松 milou

浜松のケーキ屋さんに歌いにいきます。

開演18:30

料金 前売り¥2,500/当日¥2,800
1DRINK、おやつ、スープ付き!  

手作りジャムの販売や、リネン小物作家さんの作品販売もあり。

ご予約、お問合せ
milou
434-0038
静岡県浜松市浜北区貴布祢99-1 
053-584-4855

*************
 

2011年5月19日木曜日

ポップソングを歌う

 
 レコーディングでした。
 
 POPTOPというレーベルから夏発売予定の、昭和の名曲カバーコンピ集への参加です。


 プリムローズの松井さんのスタジオは、

 めっちゃいい感じのところでした。

 窓の外は緑が"わさわさ"していて、

 美味しい紅茶や、挽きたてのコーヒーなんかも淹れてもらって、

 超くつろいだ〜




 アンダーフラワーレコードの田中さんが呼んでくれた企画で、

 田中さんとは吉祥寺でばったりお会いすることもあったりするのだが、

 松井さんとは(前は"くん"と呼んでいたような気がするが、それも定かではないくらい)久しぶりの再会。

 昔ビーチェと家に遊びにきてくれたそうだが、

 昔過ぎてもうあまり記憶に残っていない。

 10年ぶりくらいかもしれないけれど、

 でも全然雰囲気が変わっていなくて、

 音楽続けていると、こういうふうに、静かにうれしい再会が時々あるなあ、と思ったりする。


 録音はいい感じに終了、

 ビーチェの思い出話なんかもちらほらしながら、

 他の方の録音も聴かせてもらったりもしながら、

 のんびりさせてもらいました。

 
 田中さん松井さんどうもありがとう!

 アルバム楽しみです。
 
↑田中さんと。
 
 追伸:それにしても、歌謡曲ってほんと歌うのムツカシイ(自分の下手さを思い知る)…
  
 

2011年5月17日火曜日

ハバナムーンライブ

 
 ハバナムーンライブにいらしてくださったみなさま、

 どうもありがとうございました。

 みなさんの笑顔やかけ声や、歌声やあったかい拍手や、

 とにかくいろんなバイブレーションが本当に心地よく、

 とっても楽しい夜でした。


 ハバナつながりでご近所さんの、素晴らしいギター弾き山本タカシくんや、

 ふらりと来てくれた本夛マキちゃんも飛び入りで参加してくれて、

 盛り上がった〜。
 

 音楽チャージは設定せず、"みなさまのお気持ちで"と、

 「投げ銭カゴ」を用意させてもらったのですが、

 帰宅後集計してびっくり。。。

 みなさんたくさん入れてくださったんですね、感動。。。


 みなさまのお気持ち、

 しっかと受け取りました。

 ほんとにありがとうございました。

 一部を東北支援のために活用させていただきますね。


 
 ライブ後はそのまま残って飲み、

 キセルのふたりもふらりと来て、

 みんなでいい音楽聴きながら明るくなるまで飲んでました。

 木下さん、いつもありがとう!

 

2011年5月10日火曜日

レコーディング

 
 東北地方支援「勝手にEXNEプロジェクト」のチャリティレコーディングで歌ってきました。

 バンバンバザールと千歳烏山のBS&Tスタジオのエンジニア立川さんの呼びかけで、

 スタジオの全面協力のもと、いろんなアーティストがそれぞれの曲を、被災地支援のために録音しています。

 詳しくは、そのうち「勝手にEXNE」の方から発表されると思います。


 今日はHARCOと、リクオさんと、一穂くんと会いました。

 みなさんそれぞれ素晴らしい演奏でした(リクオさんの曲と一穂くんの曲にはコーラスで参加させてもらいました)。


リクオさんと(↑イノトモのおにぎり持ってる)。


一穂くん、宮下くんと。


 わたしは、この企画のために曲を書き下ろし、心を込めて歌いました。


 みんなの気持ちがいい形で届くといいなあ。

 
 バンバンバザール、立川さん、宮内さん、南くん、BS&Tスタジオの方々、どうもありがとう!!


宮内さん、南くん、立川さんと。
 

2011年5月8日日曜日

狭山緑地

 
 狭山丘陵の公園に行きました。

 すごい森。




 樹々の緑がもくもく。


 そして、猫と仲良くなりました。




着いてくる。



 

2011年5月7日土曜日

9才

 
 奎の9才のたんじょうびでした。

 近所の友だち(大人)を呼んで、

 わいわい夕飯を食べました。

 奎はごきげんで寿司をにぎっておりました。




 奎が最近すっかり夢中のガンダムの話で盛り上がり、

 福岡のバアバが誕生祝いに作ってくれた(!)アムロの制服で登場したりしていた。


バアバ渾身の作↑


 誕生ケーキも食べて、奎はいつもより少し遅めの22時に就寝、

 主役抜きで、宴は夜中1時過ぎまで続いたのでした。


2011年5月6日金曜日

lete with 塚本くん


 塚本くんとライブでした。

 本番前のちょっとした時間に、

 ふたりでなにができるかをいくつか出し合い、

 あとは流れまかせで。

 
 なんども一緒にやったことがあるのと、

 塚本くんのギターがとにかく上手いのとで、

 そんなぶっつけ本番のわくわく演奏が成り立つのだ。


 塚本くんの演奏は変わらず(いや、さらに)良かったな。

 ルパンの曲「あし〜もとに〜〜」が似合い過ぎていた。


 いい夜でした。

 どうもありがとう。


2011年5月5日木曜日

いーたんとアミイゴさん

 
 京都のいーたんが吉祥寺のにじ画廊での小池アミイゴさんの展覧会に歌いに来るというので、用事の合間に顔を出した。

 いーたんはここのところ生歌ライブが続いて喉を酷使してしまったらしく、セクシーハスキーボイスになっていた(笑)。

 わたしと奎へのお土産に、京都から手ぬぐいを買ってきてくれた。

 忙しいだろうに、ほんといつも人のために生きてるなあ、この人は。

 声を嗄らすほど。

 でもいつも明るく(姉さん的わたくしとしては心配なくらいに)。

 
 そしてアミイゴさんもいつもの調子で、ロックな愛全開だった。

 「ボクは早死にするよ」

 なんて言ってた。

 否定なんかできなかった。

 だっていつ会ってもエネルギー全開だもの。

 人の何倍もの速さと密度で生きてる人のように思う。

 
 そしてそのアミイゴさんの絵たちは、

 どこまでもやさしい。

 すべてを含んで。


 展覧会は10日までだそうです。

 吉祥寺のにじ画廊さんにて。


 そしてわたしは、

 帰って一曲仕上げました。

 明日のleteで歌います。


2011年5月4日水曜日

キャンプ

 
 先日の日記でGWどうしようかな、と書いたら、

 それを見た昔からのキャンプ仲間が今日一緒に行かない?と朝に声をかけてくれた。

 もちろんふたつ返事でOK、荷物をささーっと作って、息子を連れて秩父に出かけた。


 この友人たちは、わたしが20歳くらいのときに始めて参加させてもらって以来、毎年キャンプに誘ってくれる仲間で、

 子どもが生まれてからは遠のいていたけれど、

 久しぶりにちゃんとしたキャンプに参加できた〜〜。




 昔は炊事場もトイレもないような森の中でのキャンプが多く、

 その場所まで歩ける道を作ったり階段まで作っちゃうメンバーもいたり、

 雨でもなんでも平気な、頼もしい人たちなのだ。


 出会ってから18年くらい経つのに、

 誰もなんにも変わらない感じもいい。


 居心地の良い、もはや親戚のような人たちと、

 のんびり山を楽しんできました。


 森のパワーもしっかり充電したし、

 6日のleteでの歌はもしかしたらイオン効果倍増かもです(笑)。