2008年4月11日金曜日

雨降りとホットケーキ

 
 朝から雨がざんざん降って家から出られそうになく、

 息子が退屈して「どこか行こうよう」というので、

 彼の気晴らしに、ホットケーキを焼くことにした。

 
 全部自分でやってね、というと、息子は、

 「ぜんぶ!?」

 と目を輝かせる。


 エプロンをつけて、頭にハンカチを巻いてあげると、もうその気だ。

 粉に水を入れて、混ぜる。



 混ぜる。




 フライパンを熱して、たねを流す。これはママと一緒に。

 そして、焼けるのを待つ。



 待つ。




 ひっくり返すのは、ママと一緒に。


 そしてまた、待つ。




 「はい、お待たせしました〜!」



 
 アンズのジャムを塗って、

 そして、食べる。

 おいしい〜。




 おやつをつくって、食べる、それだけのシンプルなこと。

 でも退屈な雨の日には、ちょっとしたお楽しみだ。


 あと、押し入れの天袋に隠している"人生ゲーム"も、特別退屈な雨の日の必須アイテムとして、ごく稀に登場するのだが、これは、相手をするのが非常に面倒なので、本当にどうしても、のときのグッズなのだが、息子はいつもそいつが天袋から取り出されるのを、今か今かと待っている笑。

 
 
 
 

2008年4月2日水曜日

不精者の不器用ながんばりよう

    
 わたしは普段、ものすごく不精である。

 人にわざわざ自分から連絡を取ったりしない。

 会うべき人にはおのずと会えるものだ、とつねづね思っている。

 けれどこのところ、"自分から連絡を取らざるを得ない”状況。

 というのは、新譜を出すということで、しかも5月にクアトロワンマンを企画したため、そしてそれを成功させるために、あちこちのライブにチラシを折り込ませてもらう作業をしているからだ。

 しばらくぶりの友人(ミュージシャン)に、仕事上のお願いだけで久しぶりの連絡をするなんてわたしの信条からするともってのほかだ。まずはその前に"飲みの誘い"だろう!

 しかしそんな悠長なことを言ってられる余裕もなく、ここは腹をくくって、思いつく限りの知り合いひとりひとりに連絡を取って、彼らのライブにチラシを折り込ませてもらう算段をとる。

 これはかなりわたし的には胃が痛い。

 もちろんみんな好意的に了承してくれ、そして久しぶりに普段の彼らの活躍ぶりを実感する(いかに普段のわたしのゆるいことよ!)のだが、でもほんとはそうじゃないところで繋がっていたいんだよう。

 って、この発想自体がゆるいんだけれど。

 
 とはいえ今日のシンクロニシティ。
 
 アナムに、チラシを折り込ませて〜、とお久しぶり兼お願いメールを送った。

 その返事を待ちながらのお出かけの中、息子と田園都市線に乗っていたら、マキちゃんに遭遇。

 アナマキ、おそるべし。

 繋がりすぎだ。

 だって、田園都市線の、マキちゃんは降りるとこ、わたしらは乗るとこ、の、しかも同じ車両のタイミング。そして駅は溝ノ口。


 
 会うべき人にはおのずと会えるものだ笑。


  ちなみに、今回、快く折り込みを受け入れてくれている友人たち

 曽我部くん
 アナム&マキ
 湯川潮音ちゃん
 バンバンバザール
 小島真由美ちゃん(ギターの塚本くんが参加している)
 今野くん
 ハシケン
 ヨシンバ

 等。

 どうもありがとう。

 ライブまであと一ヶ月強。

 もうちょっとがんばります。

 
 ポスターも、貼らせていただけるところ募集中です。

  今のところ、

 下北沢のナスオヤジさんと440、吉祥寺のハバナムーンと闇太郎と喫茶darchaに貼らせてもらってます〜。