2017年10月1日日曜日

カセット文化


 一時期カセット文化が廃れていた時期も関係なく、

 うちではずっとカセットが生活の中で活躍しており、


 その昔わたしの師匠水森亜土さんにお下がりでいただいた小さなラジカセを大事にしてきたのだけれど、

 とうとうそのラジカセも動かなくなりさみしく思っていたところ、

 今年の3月の誕生日に、新しいラジカセ(¥3,500くらいの超シンプルなもの)を夫がプレゼントしてくれた。




 そしてまたうちではラジカセが活躍しているのだけれど、


 久しぶりに、


 「イノトモ’93」

 というタイトルのカセットをかけてみた。


 1993年頃の、20歳前後のわたしが好きな曲を集めたカセット。


 レッチリ、エアロ、ツェッペリン、が代わる代わる収録されている。

 カセットだし、わたしのO型的適当性格も相俟って、

 その音源はA面の終わりにレッチリの曲の途中でブチッと切れて、

 B面のはじまりはその続きからブチッとはじまる。


 今のわたしの表現する音楽からは違う世界にみえるかもしれないけれど、


 わたしのおおもとは、

 そんなふうなロックやファンクの音楽たちや、

 もちろんビートルズや、

 丁寧に遡るとクラシック、子供時代に流れていたポップス、多感な時期のバンドブーム、その他、盛んな吸収時期にぎゅうぎゅうに聴いていたいろんなジャンルの音楽でできている。


 
 たまたま自分の声の特性で、もしかしてやさしげに、オーガニックふうに聞こえるかも知れないけれど、

 一番好きなのはツェッペリンだったりして。

 性格はヒッピー寄りだったりして。


 うちのカセットコレクションには、昔から大事に聴いてきたそんないろんな種類のものがあり、


 その日の気分で、

 ボブマーリィやジミークリフ、

 ジョン・レノン、

 トゥーツ・シールマンズ、

 ステファン・グラッペリ、

 マキシン・サリバン、レイ・ブラウン(これらは亜土さんがくれたテープ)、

 ジョー・パス、

 マイルス・デイビス(これは伊賀さんがくれたテープだな)、


 急にザ・ピーズやユニコーン(高校時代のテープ)、

 初期のRCサクセション、


 アル・グリーン、


 バッハのマンドリン協奏曲やバイオリンソロ、


 などなど、

 まったくのノンジャンルのカセットたちがぐるぐると活躍している。




 
 カセットのチープでふくよかな音質が、

 日々の暮らしにとてもなじむのです


 伸びたテープのせいで音がときどきヨレちゃうのも、味。

2017年9月30日土曜日

新作情報!




ニューアルバム「森と声」リリース&リリースライブ決定です♪

2017.11.22リリース
11th new album「森と声」
全10曲 2,300円(税込)
NEUTRAL RECORDS
NTRL-003

***

自宅での録音を中心とした、とてもシンプルで、静かなアルバム。
恋。
憂い。
心の震え。
日々のイトナミ。
秋から冬にかけて聴くのにとても良い感じのアルバムができました。

***

1.はじまりは音もなく
2.哀しみの森
3.なんにもなかったみたいに
4.想い出ノート
5.ウルワシのサヨナラ
6.ただの偶然
7.愛だけが
8.イトナミ
9.夕暮れのギター
10.123

***

参加メンバー

ゴンドウトモヒコ/ユーフォニアム
安宅浩司/ペダルスティール
徳澤青弦/チェロ
塚本功/エレキギター
中村大史/アコーディオン
三宅伸治/マンドリン
伊賀航/コントラバス
K/トランペット

***

今後のライブ予定

10月7日(土)福岡 糸島 いとの森歯科室
10月9日(月祝)福岡 鳥飼八幡宮 秋まつり
10月9日(月祝)福岡 大名 リブラボ 木下弦二(東京ローカルホンク)/福島康之(バンバンバザール)/イノトモ
10月11日(水)赤坂クローフィッシュ イノトモ×塚本功
10月18日(水)下北沢 風知空知 三輪二郎/イノトモ
10月21日(土)福岡 舞鶴公園 FUKUOKA MACHI CAMP PARTY
11月9日(木)福岡 大名リブラボ アルバム「森と声」リリース記念弾き語りソロライブ
11月19日(日)吉祥寺キチム アルバム「森と声」リリース記念ライブ メンバー annie(アコーディオン)、安宅浩司(ペダルスティール)
11月23日(木祝)名古屋 金山ブラジルコーヒー イノトモ×塚本功
11月24日(金)大阪 絵本カフェholoholoアルバム「森と声」リリース記念弾き語りソロライブ

***

どうぞよろしくお願いします♪


2017年9月25日月曜日


 わたしはもともと、

 恋心を糧に生きているようなところがあるので、


 そんな気持ちにまつわる、

 ワクワクやキュンキュンとする気持ちだけでなく、


 ときにはやっかいな切なさや苦しさもひっくるめて降参して受け入れるしかなく、

 心が毎日ぐるんぐるんとしながら、ハートがはち切れそうな状態で暮らしている。(たとえ傍目に平穏にみえたとしても!)



 こんなにぐるんぐるん、ひりひりミシミシとするくらいなら、

 恋なんてしなきゃいいのに。

 (もうそろそろ落ち着いてもいい頃だ)



 でも、これはもう、生まれ持った資質というか特性のようなもので、


 もう恋なんてしないなんて"言えないんだよ"ぜったい。



 だからわたしは、

 恋とともに、生きていく


 人にも、音楽にも、そのほかなんにでも、恋の気持ちをまっとうしていくのです



 おばあさんになっても、きっと、ずっと。



 このエネルギーを、

 発電とか、わかりやすく世に役立つことにに使えたらいいのになあ

 (と、前にも書いたような気がする。ぜんぜん変わらないな)



2017年9月16日土曜日

勝手にウッドストック2017




 今年も呼んでくれてありがとう!

 
 台風が近付く中、

 しとしと雨の中のはじまりでした。


 雨でもなんでも、

 勝手にウッドストックは、楽しい。


 みんながご機嫌。


 出演者もみんなさいこう。


 バンバンのフクシマくん、クロちゃんはじめ、

 イベントを支えてくれているすべての人たちに感謝です。

 
 どうもありがとう!!


 写真をfacebookに載せました。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1632655293475801.1073741854.116970415044304&type=1&l=76bcd668e6

2017年9月15日金曜日

民宿ともちゃん


 このたび4泊した本夛マキちゃん。


 前日、録音をよくがんばって、朝寝坊。

 朝兼お昼ごはんは、和です。




 土鍋で炊いたごはんです。

 
 よく食べ、よく寝て、よく歌い、よく弾きました。


 マキちゃんがうちにいる間、全然違和感がなかったなあ


 福岡の妹が3ヶ月うちにいたことがあるんだけれど、
 
 そんな感じだった。


 隙をみては洗濯物もせっせと畳んでくれて。



 昔からずっとうちに住んでいるような、

 良い座敷童のような、

 空気感でした。笑


 またおいでー
 

2017年9月14日木曜日

本夛マキちゃんの録音


 月曜からすでに我が家に3泊している本夛マキちゃん。

 
 前日、前々日のスタパと下北440も一緒に楽しみ、夜中まで飲んで。


 とはいえ、彼女の今回の一番の目的は、新しいミニアルバム制作。

 
 わたしが宅録好きなので、

 録音を頼んでみたくなったようだ。


 人さまの音源の録音をするのは初めてだけれど、

 できるだけやってみよう、と、引き受けた。


 マキちゃんの集中力はすごかった。




 歌もギターもマックス状態で、録音の音圧が振り切れるほどに。

 
 お昼過ぎに始めて、気が付くと、夜の10時。

 息子が帰ってきたりして時折中断したけれど、

 たぶん9時間以上、集中して録音していたんじゃないかな。


 恐るべし。


 わたしはもう、夕方6時も過ぎると集中力も切れ、

 もう飲みながら付き合おう〜

 と、ワインをちびちびやりながらエンジニアをやっていた。

 
 録音の合間合間に、

 夕飯の用意もしながら。

 
 うちは録音もするけど、

 ごはんも出すのよ〜

録音しながらだったので、品数少なめ。


 スタジオともちゃん。

 
  

2017年9月13日水曜日

秋のくるくるランド@下北沢440


 松本敏将企画の「くるくるランド」。


photo by 本夛マキちゃん ありがとう!


 前からうわさには聴いていて、面白そうだなあ、と思っていたので、今回誘われてうれしかった。

  
 オープン前に、まずあみだくじで出演順を決め、





 10人の歌い手が1曲ずつ、くるくると入れ替わりながら歌う、くるくるランド。

 
 それぞれの素晴らしい演奏をうっとりとじっくりと聴きながら、

 その流れに乗っかって、自分の歌を、歌う。

 
 2ステージぶん、2曲だけを決めるのってむつかしいけど、

 その場の雰囲気に合わせて、そのときだけの歌が歌える気がする。


 2部のイノトモコーナーには、

 この日初めましての原田茶飯事くんに飛び入りの"くちトロンボーン"で入ってもらった。

photo by 本夛マキちゃん ありがとう!


 わくわくしたー

 ありがとう。

 
 出演者の方々の個性がそれぞれみんな素敵で、

 楽しいイベントだった。


 (ART-SCHOOLの木下さんだけ、けっこう早くから飲んでいたらしく、"ぐるぐるランド"になっていて、2部が始まる前から"自分の出番までもう持たん…"とボヤいていた)


 終演後、

 近くでリハーサルをしていたという坂田学さん、おおはたくん、ticomoon影山さんが現れて、一緒に飲んだ。


 "金縛り体験談"で盛り上がり、

 途中から、酔っぱらったとしまさが

 「空の色は何色ですか」

 とひとりひとりに質問しはじめ、

 みんな困惑しながらも一生懸命答えていた。

 透明、という人や、空色、と答える人。

 それぞれの、空の色について。

 (ちなみにわたしは"群青色が好き"と、答えになっていない答え方をした)

 
 終電間近になって、

 みんな帰ろう、という感じになったのだけれど、

 おおはたくんだけが残ってまだ飲んで行くという。


さりげなく本夛マキのフライヤーを持ってサービスしてくれている


 この風景、

 前に見たぞ… 


 吉祥寺スターパインズカフェの打ち上げ後、一人残った栗コーダー川口隊長の切ない風景とダブったのでした。

8月6日のブログより。



 楽しい時間をどうもありがとう。