2017年10月23日月曜日

坂田学 Tree Octet" @下北沢440


 "坂田学 Tree Octet" at 下北沢440、どうもありがとうございました。


撮影: 永野雅子さん ありがとうございます。


 坂田クンの素晴らしい音楽世界の中で、

 あの時間を、あの空間を、素晴らしい音楽家の方々と共有できたことが宝物です。

 さいこうのライブでした。

 みんな素敵だったあ


 混ぜてくれてありがとう。

 スタッフの方々、集まってくださった方々、どうもありがとうございました!


 坂田クンライブのあと、みなさまが片付けている間に、偶然にもすぐ近くのleteで演奏していた塚本くんのライブを覗きに行ってみたら、ちょうどアンコールの時間で、塚本くんの声かけで急きょ歌わせてもらうことに。



 自分のライブの終わりにイノトモの歌で締めるなんて、と後で言ったら、

 俺はギタリストだから、

 とクールに言った塚本くん。

 かっこいーねー!


 その後塚本くんは、440の坂田クンチームの打ち上げに混ざりました。


 

2017年10月21日土曜日

福岡 舞鶴公園 FUKUOKA MACHI CAMP PARTY 2017


 台風が近付く中の舞鶴公園。

 
 この日のステージは、ギリギリ、

 雨に追いつかれずに、

 なんとか持った。


 わたしの前に演奏したザ・ガーデナーズというアイリッシュバンドの3人組がとても素敵な演奏をしていて、

 いいなあ、と思っていたら、

 わたしのライブ後に、

 その3人ともがそれぞれにわたしのアルバムを買ってくれた。


 わたしも彼らのアルバムを買い、

 
 そんな感じで話がはずみ、

 11/9の福岡リブラボライブにおいでよ、

 と声をかけて、

 
 その後、改めて連絡して、ザ・ガーデナーズの3人に、11/9の大名リブラボライブにオープニングアクトで来てもらえるかたちになった。


 わーい。

 こんな繋がりが、わたしを豊かにしてくれる。

 どうもありがとう。
 
 
 舞鶴公園に呼んでくれた方々も、どうもありがとうございました!

 

 

2017年10月20日金曜日

福岡入り


 夜に福岡着。



 晴れてる。

 東京は寒かったけど、福岡あったかい。



 予算を抑えるためにピーチにしたのに、

 機内で700円のワインを買っちゃって、

 そこはちょっと複雑。

 美味しかったから、まあいいか!笑


 夕飯は、

 母、美登里の美しいテーブルで、ワインが進む〜


 
 いつもありがとう。 


2017年10月19日木曜日

坂田学クンリハ


 吉祥寺のイチノスケで、

 坂田学クンのリハーサル。


 この日は雨ざんざんで、

 わたくしは

 自転車でカッパ上下、ギターとギタレレにはビニール袋をかぶせて参上。


 移動中は、完全にヘンな人。


 したたる雨水を拭きふき、

 何食わぬ顔で坂田クンリハに参加したのでした。


 リハーサルからもう、

 すんごい顔ぶれの人たちの、

 すんごい演奏を堪能し、

 贅沢な時間を過ごさせていただきました。

 ありがとうです!





 そしてトーベン祭りで毎回会うティコムーンとおおはたくんとの、休憩時間のちょっとしたひとときには、いつものように癒されるのでした。笑


2017年10月18日水曜日

三輪二郎クンと風知空知


 三輪二郎クンは、

 わたしに会うといつも、"照れる"というので、

 (学生の頃に聴いてくれていたらしく、その当時を想い出すのだそう。)

 そう言われると、わたしも照れます。笑

 
 けど、ライブ前、
 
 一緒におうどんを食べて、

 わたしのおいなりさんを半分食べてもらったので、少しずつ慣れてきている感じもしています。笑


 下北の街で、短い時間のあいだに、

 二郎クンは、かなりの確率で声をかけられていた。

 バンドマンだったり、お客さんだったり。


 あの風貌で目立つし、そして愛されているのだなあ。


 ライブでも、

 一緒に歌えて楽しかったです。



 
 貴重なひと夜でした。

 
 ありがとう。
 

2017年10月14日土曜日

パーマネンツ20周年@東京キネマ倶楽部と、デビュー前のカセット


 ザ・パーマネンツ20周年記念ライブ。

 古い音楽仲間たち('95年くらいあたりからしばらくの間、曼荼羅とかやるき茶屋とかでかなりの親交を深めた人たち!)と久しぶりに会えて、楽しかったな。

 イノトモバンドのデビュー時のメンバー、マツキっちゃんにも久しぶりに会えた。

マツキっちゃんは、Superfly、ゆずなどのドラムで活躍中。

 当時一緒にまわったツアーの想い出話なんかして。


 わたしにとって、とても良い時代を共有できた人たちだと思ってる。


 わたしがオリジナルをつくりはじめる前から、彼らのライブには刺激を受けてきた(中央線系ソウル&ブルース、的なくくりになるのかな。わたしの表現する音楽とジャンルは全然違うんだけれど、とにかく楽しくてかっこいいライブが繰り広げられていたのです)。
 
 
 俺、イノトモがくれたカセットテープまだ持ってるよ、と、何人かが言ってくれた。


 わたしの最初の作品は、4トラックのカセットMTRでつくった5曲入りのカセットテープで、

 それを「イノトモ'96」というタイトルで、

 当時周りのミュージシャンに配っていたのです。


 その「イノトモ'96」を聴いて気に入ってくれた仲間たちが集まって、"イノトモバンド"ができ(エレキギターふたり、アコーディオン、ウッドベース、ドラムという今から考えると最初から贅沢な編成)、


 初めてのライブを高円寺のShow Boatでやらせてもらうときには、

 そのカセットを気に入ってくれたソニーの人たちが観に来てくれているという、

 奇跡のようなはじまりでもあったのです。

 (その後、ソニーではなく日本クラウンからデビューすることになるのですが、それも、そのテープがきっかけ。)

 
 そういうことを思い返すと、

 わたしの原点は、

 やはり宅録だなあ

 と思ったりして。


 そんな、

 "宅録好き"

 の、シンプルな衝動を、

 20年以上経って、

 また改めて今、かたちにできたんじゃないかなあ


 と思える、今回の新作。
 

 原点回帰と、

 "いま"の自分が、融合してる。

 
 すべての出会った人にありがとうです。

 

2017年10月11日水曜日

赤坂クローフィッシュ・2017年 秋




 赤坂クローフィッシュ、ありがとうございました。

 塚本くんの、
 いつもほんとに突然の

 「イノトモ、ギターソロー!」

 の無茶ぶりに、

 毎回まったく性懲りも無く、

 意味不明の"手探り探り探り"奏法しかできず、

 なんの成長もできないまま、

 15年以上は経っています。

 チーン & シューン
 
 ちなみに、その無茶ぶり曲は、ジャンゴラインハルトの名曲でした

 それはハードル高すぎでしょう!爆!


 精進します。。